経理職への転職を目指す方におすすめのエージェント


転職を希望される方にも人気が高い経理職。経理職への転職を希望しているけれど、何から始めればいいのか分からない……という方もいるのではないでしょうか。今回の記事では経理職への転職におすすめの転職エージェントや、転職エージェントを活用する方法術、経理職への転職に有利な資格やスキルをご紹介します。

経理職の仕事内容

経理職の仕事内容は多種多様に及びます。経理職に関連してよく聞く「会計」と「財務」という単語の意味をご存知でしょうか?
ここでは経理職の仕事内容について、会計業務と財務業務の視点からご説明します。

会計の業務

会計業務は経理職の主要な業務となっています。カネやモノの出入りについて記録・管理を行うのが会計業務の基本です。
会計業務はさらに「管理会計」と「財務会計」のふたつに分けられます。管理会計は、社内において経営判断を行なうことを目的として、売上や経費を管理・分析する業務を指します。対する財務会計は、経営状態を外部のステークホルダーへ開示するため、一定の基準によって作成されている財務諸表を元に行われる業務を指します。具体的には、日々の伝票の起票や帳簿の作成業務、さらに決算書に含まれる貸借対照表や損益計算書などの作成業務が挙げられます。経理職が担当する会計は主に、後者の財務会計のことを表しています。

財務の業務

財務業務は会計業務とは異なり、資金調達や運用・管理が主な業務となっています。会計が今までの利益や費用を管理するのに対し、財務は今後利用する資産を管理するという点に大きな違いがあります。
会計業務で作成された貸借対照表などのデータを利用しながら、資金計画を立てていくのが財務の業務です。その重要性から企業によっては、財務専門の部署や担当者が設けられている場合もありますが、中小企業においては社長や経理担当者が財務を兼任することもあります。

経理職への転職におすすめの転職エージェント

経理職への転職の意思が固まったら、まずは転職エージェントに登録しましょう。ここでは、経理職への転職に焦点を絞った転職活動におすすめの転職エージェントをご紹介します。

MS-JAPAN

経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事・法務などの分野に特化した転職サポートを行う、管理部門特化型の転職エージェントがMS-JAPANです。25年以上の豊富な転職ノウハウと最新のマーケット情報をもとに、管理部門および法律領域の各分野に特化した専任のアドバイザーが転職のサポートを行います。2017年3月の楽天リサーチ調べによると、管理部門と会計スペシャリストに特化した人材紹介会社の中では、認知度・専門性の理解・適切な紹介数・利用希望の4つのカテゴリで1位の評価を得ています。専任アドバイザーから質の高いキャリアプラン提案や面接サポートを受けられるだけでなく、大手監査法人・会計事務所・ベンチャーキャピタルとのネットワークをフル活用した、業界トップクラスの求人情報も強みとなっています。

webサイト:https://www.jmsc.co.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェントは様々な業種・職種の求人を保有し、一般の求人サイトに掲載していない非公開求人は10万件以上を誇ります。アドバイザーとのマンツーマンの面談による総合的な転職活動のサポートを強みとしており、非公開求人を含めた求人情報の中から個人に合った求人情報を紹介するだけでなく、応募先企業との面談調整や条件交渉の代行も行っています。また応募先企業に合わせた職務経歴書の添削やアピールポイントのアドバイス、面接対策のセミナー実施、独自に収集した企業レポートを元にした企業情報の提供なども行っており、忙しい人でも転職活動が行えるよう徹底的にサポートします。

webサイト:https://www.r-agent.com/

JACリクルートメント

ロンドン発祥の日系転職エージェントで、管理職、技術職・専門職、および35歳以上の転職に特化しているのがJACリクルートメント。独自のグローバルネットワークを背景として、外資系企業や海外進出企業への転職活動支援に強みを持ち、英文レジュメ作成なども実施しています。各業界・業種に特化したコンサルタントが企業に直接訪問することで、その企業の文化や風土、事業戦略などのリアルな情報を利用者に伝えることを可能としています。また「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告する」「初回面談当日、もしくはそれまでに求人の有無をお知らせする」といった「サービスクオリティのお約束」を掲げており、スピーディーな転職活動を可能にしています。

webサイト:http://www.jac-recruitment.jp/

転職エージェントを活用する方法術

せっかく転職エージェントに登録したけれど、どう使いこなせばいいのか分からない!という方もいるかもしれません。ここでは、登録した転職エージェントをとことん活用するための方法術をご説明します。

最低でも2社以上の転職エージェントを活用する

公開されている求人の内容は転職エージェントによって異なります。規模の大きい転職エージェントはより大量の求人情報を保有している一方で、中・小規模の転職エージェントは業界・業種に特化していたり、独自の求人情報を保有している場合があります。
また複数の担当アドバイザーから転職の意見を聞くことで、更に客観的な判断を行うことができます。より多くの求人情報を確保し客観的視点で転職活動を行うために、最低でも2社以上の転職エージェントを利用して転職活動を行いましょう。

目的を明確化してから利用する

「転職するかしないかを判断するための情報が欲しい」「転職先の具体的な提案が欲しい」「面接のサポートをしてほしい」など、転職エージェントを使う明確な目的を設定してから利用しましょう。担当アドバイザーと初めて面談する際など、明確な目的を設定せずに漫然と行ってしまうと、せっかくのマンツーマンの会話の機会を無駄にしてしまいます。それだけでなく、その後も方向性が定まらずに、だらだらとやり取りを続けるだけの状態になってしまうことも。転職エージェントの使用を開始する際は、明確な目的を決めてから利用を開始しましょう。

担当アドバイザーと信頼関係を築く

転職エージェントを利用する上で最も鍵となるのが、担当アドバイザーとのやりとりです。採用情報の紹介から内定までをサポートしてくれる担当アドバイザーと、良好な信頼関係を築くことで、よりスムーズかつ気持ちよく転職エージェントを利用することができます。連絡や書類提出などを迅速に行うのはもちろんのこと、自分の考えはなるべく素直に、本音で担当アドバイザーに話すことを心がけましょう。また、「どうしてもこのアドバイザーは信頼できない」と考えるときは、担当アドバイザーを変更してもらうことも視野に入れてみましょう。

経理職への転職に有利な資格やスキル

転職活動のために資格を取得される方も多いですが、特に経理職は転職に有利な資格・スキルがはっきりとしている傾向にあります。経理職への転職に有利な資格やスキルを学ぶことで、希望通りの転職を実現しましょう。

資格

日商簿記検定
日商簿記検定試験は1954年から開催されており、現在では年間約60万人が受験しています。日商簿記検定は初級から1級まで4種類存在しますが、経理職への転職を目指す場合は、2級の取得が必須と言われています。レベルとしては、財務諸表の数字から経営内容を把握できる理解度が合格のために必要となっています。試験範囲に株式会社会計や連結会計などが含まれているため、日商簿記2級で学ぶ内容を直接経理の業務に生かすことができます。

TOEIC
TOEICは2月と8月を除いて毎月試験が開催されるため、取得やスコアの向上に取り組みやすい資格です。経理職においては、外資系企業や、海外でも事業を展開している企業に転職する際に、TOEICのスコアが必要となる場合があります。海外子会社とのやりとりや、契約書関連の書類を経理の視点から翻訳する際に語学力が必要となるためです。経理職への転職において、企業がTOEICのスコアを求める場合は、最低でも600以上のスコアを取得しておくと良いでしょう。

問題解決能力

財務会計や財務業務を行う経理の仕事は、企業の現状や問題点を明確にするための鍵となっています。新規ビジネス戦略の開発力が重要性を増している昨今においては、データを読み取って問題を発見し、それを解決へと導く能力を持った、問題解決能力の高い経理職の需要がますます高まってきています。

マネジメント力

経理職は部署全体で仕事に取り組む場合が多いため、チームとして働く姿勢が重要になってきます。そして、チームを束ねてスタッフ全員をマネジメントできる能力も求められています。スタッフの個々の状況を把握しながらチームを管理し、チーム全体の成果を上げることのできるマネジメント力が、経理職の転職市場でも強く求められています。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年2月24日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書