ジャスネットスタッフは経理・会計事務・財務などに特化した派遣会社

概要

ジャスネットスタッフはジャスネットコミュニケーションズ株式会社が運営する仕事情報サイトです。管理部門など、特定の職種に特化しています。同じ運営会社が行っているサービスとしてはジャスネットキャリアが有名で、そのほかアウトソーシングサービスやネットワークサービス、教育サービスなども行っています。特定分野に絞ってサービスを展開しているのは、もともと会社を立ち上げたのが公認会計士であるということが関係しています。利用者数も多く、取引企業なども多数あります。以下でジャスネットスタッフの特徴や利用方法、誰に利用価値が高いのか、といったことを紹介していきます。

特徴

経理・会計・財務・税務に特化している

ジャスネットスタッフの特徴はやはり管理職に特化しているということです。経理や会計、財務、税務業務で派遣を希望する場合にはジャスネットスタッフに登録しておいて損はないでしょう。基本的に主要都市部を対象とした監査法人や会計事務所、税理士法人などと取引があります。このほかにもコンサルティングやベンチャー、外資系、銀行から証券会社など、取引企業は3800社にも上ります。公式ホームページでも募集企業や募集職種をどのような割合で取り扱っているのかという情報が公表されています。2015年から2016年にかけてのデータでは、募集企業の65%が内資系企業、15%が外資系企業、そして20%が事務所・コンサルという割合になっています。募集職種については88%が経理・財務、残りの12%で秘書や人事・総務、法務、というようになっています。

高いスキルにマッチした仕事が紹介してもらえる

管理職に特化したサービス展開をしているため、専任となるエージェントの専門性も高く、より自分にマッチした仕事紹介をしてもらえます。エージェントの経験も豊富なため、募集のある仕事に対して、具体的な仕事内容を聞くこともでき、働いた後で思っていた仕事と違ったというギャップも発生しにくくなっています。すでに資格を持っている人や経理等の経験を持っている人だとより様々な仕事を紹介してもらうことができ、高待遇・高収入の案件を手に入れることも可能でしょう。ただし未経験者にはややハードルの高い仕事も多く扱っており、そのような場合にはあまり選ぶ余地がないということも起こり得ます。資格についても必須ではなく、経験や保有するスキルをアピールすることで職に就くことはできますが、有資格者のみを応募している案件も少なくないためやはり幅は狭まるでしょう。

無料の教育サポートが受けられる

ジャスネットコミュニケーションズ株式会社は「経理実務の学校」「アカウンタンツライブラリー」などの教育サービスも行っています。それぞれ簡単に説明すると、前者は「企業が求める人材の育成」がテーマとされている講座で、後者は「経理・財務に特化した教育コンテンツのプラットフォーム」になります。ジャスネットスタッフとは別のコンテンツですが、ジャスネットスタッフのエージェントサービス登録者であれば約150もの動画講座を自由に受講することができるメリットがあります。アカウンタンツライブラリーでは、講座動画をすべて見放題にするにはプレミアムプランに申し込む必要があり本来月額980円がかかりますが、これらが無料で利用できるようになるのです。初心者向けに業務プロセスが学べる講座や仕訳トレーニング、経理の現場を動画として見ることで業務のイメージを掴むことなどもできます。資格取得に向けた講座など、ほかにもこの業界で効果的な講座が多数用意されています。

利用方法

ジャスネットスタッフの利用方法は簡単です。
まずはジャスネットにWeb登録をします。これは3分程度で完了するもので、氏名や電話番号、メールアドレスなどを入力していくだけで手続きが終わります。その後は登録面談の日程調整の連絡が来るためそちらで対応していくことになります。ジャスネットへの登録後はマイページが発行されるため、ここでプロフィールの記入、経理のスキルチェック、履歴書のアップロードなどが行えるようになります。当然、仕事検索などの基本的な機能も備わっており、上述の教育サービスなどもここから受けられるようになっています。面談を通して希望職種などを伝え、それに対応して紹介を受けられます。派遣先が決まったあともエージェントによる初日同行など、スタッフによるフォローが受けられます。

利用がおすすめな人

管理職経験者

経理や会計、財務など、管理職の仕事が紹介されます。未経験だと受けられないというわけではありませんが、経験者であるほうが優先的に紹介を受けられるでしょう。企業側が出す募集内容にも経験のあることが条件とされているものが少なくありません。保有するスキルが合致しなければなかなか希望する案件を見つけることが難しいという現状もあります。しかしその一方で経験者などは他のサイトではなかなかない良待遇の案件に出会うこともできるでしょう。

有資格者

会計士や税理士などの資格があると会計事務所や税理士事務所等への応募もできます。他にも関連する資格はいくつかありますので、簿記などの資格を持っている人はこれを武器に積極的に仕事を探してみると良いでしょう。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年11月17日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書