リクルートエージェントは国内最大手!特徴や利用方法を紹介

概要

「リクルートエージェント」は株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。就職活動に関して求人情報などを紹介するサービスである「リクナビ」は多くの人が聞いたことがあるかと思います。株式会社リクルートキャリアはこのリクナビや「就職ジャーナル」「リクナビNEXT」など、多くのサービスを運営しています。業界最大手であり、リクルートエージェントも転職エージェントとしては最も有名なサービスのひとつとされています。幅広いジャンルを扱い、情報量も多く、年代なども問わず利用できます。

特徴

知名度が高く求人数も多い

リクルートエージェントの特徴はやはり知名度の高さです。そしてただ多くの人に知られているだけでなく、その背景として転職成功実績の多さが関係しています。数十万件もの実績を持ちます。もちろんここで紹介できる求人の数もトップクラスに多く、一般求人サイトには掲載されていない非公開求人が10万件以上あるとされています。全国に面談拠点を構えているなど、大手ならではの充実した転職サポートが受けられます。

幅広い業界や人材に対応

リクルートエージェントは幅広い業界・職種に対応しています。エンジニアとして働きたい場合や管理職として働きたい場合、事務関連やコンサルタント、金融など、あらゆる求人が扱われています。汎用性が非常に高いことから、どの転職エージェントにしようか迷っている場合でもとりあえず登録しておいて失敗はないと言われています

担当コンサルタントの質も様々

リクルートエージェントに登録すると各種サービスを受けることができます。転職活動にあたりコンサルタントからアドバイスを受けたり、求人情報の提供を受けたりします。しかし最大手のエージェントのため、コンサルタントにも様々な者がおり質の悪い求人を紹介されるという事態も起こっています。ただしこれは一部の例であり、基本的にはマッチングしていない求人情報が提供されないようしっかりとヒアリングが行われます。専門性の高いコンサルタントに当たることで、スムーズで質の良い転職活動が実現できることもあるでしょう。

利用方法

リクルートエージェントのサービスを受けるには登録をする必要があります。以下で登録から入社までの流れを簡単に紹介していきます。
① 転職支援サービスへの申込みを行います。Webサイトからこれを行い、サイトの流れに沿って必要事項を入力していきます。
② 登録時に入力した情報をもとにリクルートエージェントが求人状況などを調査、その内容について連絡を受けます。
③ 実際にキャリアアドバイザーと面談をします。直接会う、もしくは電話によって転職希望者の経歴やスキル、希望内容を伝えていきます。
④ 面談を通して伝えた情報からマッチングをしていきます。リクルートエージェントがこれを行い、利用者にとって最適な企業が紹介されます。応募前には書類の添削などのサポートも受けられます。
⑤ 企業に応募をします。キャリアアドバイザーが利用者の志望企業に対し推薦する形になります。そして面接日の管理や調整までを代行で行ってくれます。また条件などの交渉なども代行でしてくれます。
⑥ 無事内定が取れた後も、年収の交渉などをサポートしてくれます。入社日の調整、さらにその後の円満退社に向けた支援なども受けられます。

おすすめな人

幅広い職種で探している人

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントのため、求人数も非常に豊富で、業界・業種などのジャンルも問わず探すことができます。このことは幅広い利用者に適しているということだけでなく、職種を絞り切れていない人にとって利用しやすいということでもあります。転職をする場合、目指す先を明確にできているケースと、どうしたいのかあいまいなケースがあります。このように、いくつかの職種で考えている人にはリクルートエージェントを登録する価値があると言えるでしょう。多くの業種でアドバイスをしてきたキャリアアドバイザーの意見を聞くこともでき、方向性を一緒に決めていくこともできるでしょう。また、職種をまたいで求人を探す場合でなくとも、転職をしたい人全般に効果的なエージェントです。転職で年収アップを目指す人や、キャリアアップを狙っている人など、すべての人にとって有益な情報が得られるサービスです。

地方で転職活動する人

リクルートエージェントの拠点は全国に多くあります。そのため、都心部で求職希望しない人、地方で転職活動をする人には有効的です。地方在住の人でも気軽に利用することができ、知名度もあるため安心して任せられます。いきなり転職サポートに申し込む必要はなく、様子を見たいという人はメルマガを申し込むという方法もあります。転職活動に有益な情報をメールで受け取ることができ、転職活動がまだ開始できないという人はこうして準備を進めてみても良いかもしれません。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年11月17日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書