JACリクルートメントはハイキャリア・海外転職を考えている人におすすめのエージェント

概要

「JACリクルートメント」は株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営している転職エージェントです。株式会社ジェイエイシーリクルートメントはJACリクルートメントのほかにも「JACインターナショナル」や「JACエグゼクティブ」などを運営しており、それぞれ利用者層に合わせたサービスが提供されています。JACリクルートメントは世の中にある多くの転職エージェントの中でもハイキャリア向けのエージェントで、高い年齢層を主なターゲットとしてサービスを提供しています。

特徴

JACリクルートメントの主な特徴として、高収入の職種やグローバルな転職を扱っているという点が挙げられます。以下で詳細に見ていきましょう。

転職でも高い年収が狙える

転職をする場合、多くの人はよりよい待遇や報酬を求めますが、結果的に年収が下がってしまうというのがよくあるケースです。日本の企業で働く場合、転職を繰り返すよりもひとつの企業で長く務めることが高く評価されやすいためです。しかし転職する本人のスキル次第では大幅に年収を上げて転職することも可能です。そこでJACリクルートメントは高い年収が狙える求人を多く扱い、高いスキルを持つ人を主なターゲットとして転職サポートをしています。年収600万円から2000万円などの高報酬の求人情報を多く保有しています。そのため、その年収に見合った人材であればJACリクルートメントを活用することで希望する待遇の企業へ転職しやすくなるでしょう。実務的なスキルがあっても、転職では上手く自己の能力をアピールし、マッチングしていかなければならず、これが上手くいかなければスキルに見合った職にはありつけないのです。ハイキャリア向けの転職を支援してきたコンサルタントのサポートが受けられるのは大きなメリットとなります。

海外転職にも対応

JACリクルートメントは外資系への転職、グローバル転職に強みを持っています。外資系企業とは4000件もの取引実績があり、海外転職への対応もしています。もちろん他の業種への転職もサポートされ、サービス業、不動産業、金融業、IT業、製造業などと幅広く支援を受けられます。

役員向けの転職にも対応

会社役員、部長や課長、マネージャーといった役職で探す場合、求人情報が非公開になっていることも多く、一般的な求人誌などではあまり見かけることはありません。そのため、このような職で転職を希望する場合にはJACリクルートメントへ登録すると効率的に転職活動が進められます。情報が非公開にされているため自力で見つけられにくいということもありますが、そもそもの求人数自体が少ないということも関係しています。そのため企業側も一部のエージェントにしか紹介しないというケースがあります。役員等で探すのであれば幅広い求人を扱うエージェントよりもJACリクルートメントのように特化されたエージェントを利用することが望ましいでしょう。

利用方法

JACリクルートメントを利用するには、まず登録をする必要があります。登録は無料で、手続きもすぐに終わらせられます。具体的な手順を紹介していきます。

① 公式サイトから登録。自身の経歴やスキルに記入していきます。
② コンサルタントとの面談をします。具体的にどのような企業を目指し、どのような待遇を希望するのかなど詳細に伝え、情報共有をしていきます。
③ 求人情報の紹介を受けます。コンサルタントが得た情報をもとに、利用者に適した求人内容を紹介、マッチングを図ります。
④ 応募する企業を決めれば書類を提出し、面接等を行っていきます。
⑤ 内定を得てサポートが終了するわけではなく、JACリクルートメントでは入社後のフォローまで受けることができます。

利用がおすすめな人

キャリアに自信のある人

JACリクルートメントは高い年収を狙う人にはおすすめの転職エージェントですが、このような職には誰もが就けるわけではありません。そのためコンサルタントが利用者の情報から総合的に判断し、結果的に、マッチングする求人がないと言い渡される可能性もあります。そこで、転職市場における価値が高い人、キャリアに自身がある人に利用が推奨されます。このような人であれば、求人数はそれほど多くないものの、大手企業の質の高い求人案件の案内を受けられるでしょう。利用者の年齢層も高めで、公式ホームページにおいても「30~50代で後悔しない転職を」との売り文句が大きく宣伝されています。

外資系や海外への転職を考えている人

外資系や海外進出している企業を比較的多く扱っているのもJACリクルートメントの特徴です。そのためこうした企業へ転職を希望する場合にもおすすめできます。管理職や技術・専門職の転職についても特化してサポートをしています。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年11月17日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書