電子契約システムを比較するポイントとおすすめシステムを紹介

電子契約システムとは

電子契約システムとは、紙の契約書に署名・押印する契約を、契約書の電子データに電子的な署名をすることで行うシステムです。紙ベースの契約と電子契約の比較を次の表にまとめました。

電子契約 紙ベースの契約
契約書の作成・配布・締結にかかる労力・時間 契約書ファイル1通を作成し、インターネット経由で契約者に配布。契約者はパソコンで電子的に署名し、インターネット経由で返送→時間がかからない 契約書を契約者の人数分印刷し、郵送または対面で配布。契約者は紙に署名・押印し、郵送または対面で返送→時間がかかる
各種コスト 電子的な契約書には印紙不要
電子契約システム使用料金
電子証明書を使用する場合はその料金
契約の種類・金額に応じた印紙が必要
郵送料・交通費
契約書の保管 電子データのため保管スペースをとらない ファイリングの手間と保管スペースが必要

なお、電子化が認められていない契約書(定期借地契約、定期建物賃貸借契約など)もあります。

関連記事:電子契約システムを導入した企業の成功事例とは?
関連記事:電子契約システムを導入する際に気になることFAQ

電子契約システムを利用するポイント

電子署名

電子契約において印鑑や手書きの署名に換わるものが「電子署名」です。電子署名法によって、契約者本人が行った電子署名(本人だけが行えるものに限る)は、紙への押印または署名と同等に真正性を持つ、とされています。現在、この要件を確実に満たす電子署名は、「指定認証局が発行する電子証明書」を用いたものとする場合が多いです。
一方、電子契約システムによっては、指定認証局が発行する電子証明書を用いる電子署名を「デジタル署名」と呼び、契約者のメールアドレスなどを用いる電子署名を「電子サイン」や「簡易署名」などと呼ぶ場合があります。一般的な契約では各種の形式が認められるため、「電子サイン」や「簡易署名」などの形式も電子署名として有効です。

タイムスタンプ

国税関係帳簿書類に該当する電子契約書は、電子帳簿保存法に従って保存する必要があります。電子帳簿保存法の要件には、電子データに「認定タイムスタンプを付すこと」が含まれています。認定タイムスタンプとは、日本データ通信協会の認定を受けた「時刻認証業務認定事業者」が発行する、改ざん困難な時刻データです。これにより、タイムスタンプが押された時刻に当該契約書が存在すること、その時刻以降に当該契約書が改ざんされていないことが証明されます。

電子契約システムを比較するポイント

電子契約システムの導入を検討する際、次のようなポイントを考慮し、比較するとよいでしょう。

自社・取引先が要求する電子契約を行えるか

日本の電子署名法および電子帳簿保存法に完全準拠する電子契約が必要とされる場合、外国企業が提供している電子契約システムは、要求を満たせない可能性もあります。一方、簡易な形式の電子署名が許容される契約が主な場合は、上記でいう「電子サイン」のみで低コストの運用ができるかもしれません。
また、契約書に印影が必要とされる場合、印影イメージを登録し、契約書に貼り付ける機能があるかもポイントになります。

契約に関わるユーザー数

クラウド型の電子契約システムでは、ユーザー数に応じて利用金額が異なる場合が多いです。契約業務を担当するユーザー数を把握し、システムの利用金額を見積もりましょう。

ワークフローや文書管理の機能

電子契約システムには、社内でのワークフローや文書管理を総合的に支援する機能を提供するものもあります。電子契約システムによって広く社内業務の効率化まで図るか、契約の効率化に目的を絞るかを検討し、コストパフォーマンスの高い選択をするとよいでしょう。

おすすめの電子契約システム

DocuSign

特徴

DocuSignはクラウド型の電子契約システムで、Webブラウザから利用できます。契約書のPDFやWord文書を、WebブラウザからDocuSignにアップロードし、署名者のメールアドレスと署名する順序を設定し、契約書に署名欄を配置します。契約者は配布されたメールからDocuSign上の契約書にアクセスし、電子署名します。DocuSignの電子署名は、米国の連邦電子署名法などに準拠しています。

関連記事:DocuSignで何ができるようになる?プラン内容も紹介

料金

*月額プランあり
Personal 120ドル/年
Standard ユーザーあたり300ドル/年
Business Pro ユーザーあたり480ドル/年

Webサイト

https://www.docusign.jp/products/electronic-signature

クラウドサイン

クラウドサイン

特徴

クラウドサインはクラウド型の電子契約システムで、Webブラウザから利用できます。「日本の法律に特化した、弁護士監修の電子契約システム」とされています。
クラウドサインでの電子契約では、契約する当事者間で契約条件について合意したうえで、PDFファイルの契約書をクラウドサインにアップロードします。クラウドサインのWeb画面上で押印や署名をする場所を指定し、取引先に確認依頼のメールを送信します。メールを受け取った取引先の担当者がクラウドサインのWeb画面上で押印すると、電子署名およびタイムスタンプが付与されます。

料金

Standard
月額固定費用 10,000円
送信件数ごと 200円
ユーザー数 無制限
送信件数 無制限

Standard plus
月額固定費用 20,000円
送信件数ごと 200円
ユーザー数 無制限
送信件数 無制限

Business
月額固定費用 100,000円
書類送信件数ごと 200円
ユーザー数 無制限
書類送信件数 無制限

Webサイト

https://www.cloudsign.jp

BtoBプラットフォーム 契約書

BtoBプラットフォーム 契約書

特徴

BtoBプラットフォーム 契約書はクラウド型の電子契約システムで、Webブラウザから利用できます。あらかじめ取引先に招待メールを送り、BtoBプラットフォームのIDを作成してもらいます。契約書のPDFまたはWordファイルをクラウドにアップロードし、取引先に締結を依頼するメールを送信します。取引先がWebブラウザから契約書を表示し、承認ボタンをクリックすることで契約が締結されます。締結した契約情報はブロックチェーンに記録され、タイムスタンプと電子署名が付与されます。

関連記事:BtoBプラットフォーム 契約書の概要やプラン内容の紹介

料金

*無料プランあり

シルバープラン
初期設定料 300,000円
月額料金 10,000円
契約書保管は月3件まで

ゴールドプラン
初期設定料 0円
月額料金 30,000円
契約書保管数は無制限
契約書以外の自社データを保管可能

Webサイト

https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

paperlogic電子契約

paperlogic電子契約

特徴

paperlogic電子契約はクラウド型の電子契約システムで、Webブラウザから利用できます。クラウドにアップロードした契約書に電子署名し、契約相手に署名依頼メールを送信します。相手は依頼メールから契約書にアクセスし、電子署名します。paperlogic電子契約は電子署名法・会社法に加え、e-文書法や電子帳簿保存法の保存要件を満たすとしています。利用金額は1か月の電子契約数に応じますが、署名者の電子証明書を伴わない「簡易署名」は無料・無制限で行えます。

料金

月25契約まで 20,000円/月
月50契約まで 35,000円/月
月75契約まで 50,000円/月
月100契約まで 65,000円/月

*署名者用の電子証明書は別途有償で発行。(税別3,500円/1年有効)

Webサイト

https://paperlogic.co.jp

Hubble

Hubble

特徴

Hubbleは、文書のバージョン管理や差分表示、チームでの文書共有など、総合的なドキュメント管理の機能を備えるクラウドサービスです。
Hubbleでの電子契約は、上記のDocuSignまたはクラウドサインと連携させて行います。したがって、Hubbleのアカウントのほかに、DocuSignまたはクラウドサインのアカウントと、連携の設定が必要です。Hubble上で契約書を表示し、DocuSignまたはクラウドサインにアップロードするメニューを選択することで、シームレスにDocuSignまたはクラウドサインでの締結作業に遷移します。

料金

*無料プランあり

スタンダード 2,980円/月 1アカウント
チーム 30,000円/月 12アカウント
エンタープライズ Hubbleセールスチームへ問い合わせ

Webサイト

https://hubble-docs.com

Agree

Agree

特徴

Agreeは、クラウド型の電子契約システムです。署名の方式として、指定認証局が発行する電子証明書を用いる電子署名と、メール認証を使用する「電子サイン」の2種類を使用できます。電子サインは、電子署名よりも低料金で利用できます。
Agreeで電子契約するには、クラウドにアップロードした契約書に署名欄を配置し、署名依頼メールを送信します。メールの受信者はリンクから契約書を表示して電子署名します。AgreeではAdobe認定のルート証明書を採用し、セイコーソリューションズ社の認定タイムスタンプを標準で付与します。

料金

*無料プランあり

Standardプラン
月額基本料金 10,000円(税別) 社内ID数・署名数 無制限
電子サイン利用料金 送信料(1文書あたり)100円(税別)

Businessプラン
月額基本料金 20,000円(税別) 社内ID数・署名数 無制限
電子サイン利用料金 送信料(1文書あたり)100円(税別)
電子署名利用料金 固定費用(年間 /電子証明書1枚)8,000円(税別) 送信料(1文書あたり)300円(税別)

*指定認証局が発行する電子証明書による電子署名は、Businessプランのみ。

Webサイト

https://www.gmo-agree.com

ホームズクラウド

ホームズクラウド

特徴

ホームズクラウドは、企業の契約業務全般を管理するクラウドシステムです。ホームズ コントラクトクラウド、プロジェクトクラウド、ナレッジクラウドという3つのサービスで構成され、電子契約を扱うのがホームズ コントラクトクラウドです。契約書は、PDFファイルをアップロードするか、またはWeb上でテンプレートから作成します。締結の依頼をメールで送り、このメールからクラウド上の契約書を表示し、署名します。このほか、上記のDocuSignと連携した電子契約も行えます。
ホームズクラウドで締結された契約書には、国際標準規格およびJIS規格に準拠したタイムスタンプによる電子署名が付与されます。

料金

ミニマムプラン 1アカウント 月額5,180円(税別)ホームズ コントラクトクラウドのみ
スタンダードプラン 1アカウント 月額8,180円(税別)ホームズ コントラクトクラウドとホームズ プロジェクトクラウドのセット
エンタープライズプラン 要見積り スタンダードに加えて、各種のセキュリティなどを強化

Webサイト

https://www.holmescloud.com/index.html

かんたん電子契約

かんたん電子契約

特徴

かんたん電子契約は、契約書の締結、保存、閲覧および原本性の証明をWebブラウザ上で行えるクラウドサービスです。契約書の発行側は取引先と契約書をクラウドに登録し、電子署名して取引先に通知します。取引先は契約書をクラウド上で確認し、電子署名して契約が締結されます。タイムスタンプが付与され、契約書の原本性が証明されます。契約書の証明情報は、Adobe Readerで契約書のPDFファイルを開くことで確認できます。また、自動化ツールを使用し、契約に関わる文書の配布を自動化することもできます。

料金

問い合わせが必要

Webサイト

https://www.seiko-cybertime.jp/product/easy_contract/

Adobe Sign

Adobe Sign

特徴

Adobe Signは、クラウド型の電子契約システムです。Webブラウザで契約書のPDFファイルをクラウドにアップロードし、署名者のメールアドレスを指定し、署名用フィールドを配置してメール送信します。メールの受信者はリンクから契約書にアクセスし、電子署名します。利用できる電子署名の種類は、署名者のメールアドレスを用いる「標準的な電子サイン」、これにパスワードや電話認証を加えた「拡張された電子サイン」、そして指定認証局が発行する電子証明書による電子署名です。

料金

個人版
年間プラン 12,080円(税別)
月々プラン 1,580円(税別)/月

グループ版 3,882円(税別)/ライセンス/月
ビジネス版 問い合わせが必要
エンタープライズ版 問い合わせが必要

Webサイト

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/sign.html

WAN-Sign

WAN-Sign

特徴

WAN-Signは、上記の「Agree」を基盤としたクラウド型の電子契約サービスです。WAN-Signでは、電子契約の導入以前に締結した書面契約や、取引先の都合で発生した紙の契約書などの原本を保管し、さらに電子化するサービスを提供しています。電子化した契約書は、電子契約で署名された契約書と同一のWeb画面で管理されます。指定認証局が発行する電子証明書で電子署名する「実印版」と、メール認証を用いた「電子サイン」で電子署名する「認印版」があります。

料金

*無料プランあり

実印版 300円/件 電子契約締結 100円/件 電子証明書発行料 年8,000円
認印版 100円/件 電子契約送信 100円/件

書面契約書の電子化 30,000円〜/箱(オンデマンド電子化) 75,000円〜/箱(全件電子化)

Webサイト

https://www.wanbishi.co.jp/econtract/





次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年6月14日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書