クラウドサインを徹底解説!クラウドサインの魅力やプランをご紹介

電子契約ならクラウドサイン

何かと多忙なビジネスパーソンにおいて、効率良く業務をこなせるかどうかは重要な課題です。
通常業務をサポートするツールは数多くあれど、契約締結をはじめとした重要業務を効率化できるツールはほとんどありません。

契約関係業務に関しては手間がかかることが多く、時間をとられがち。
契約書作成はもちろん、先方への確認業務や押印、契約書本体の保管まで挙げ出したらキリがありません。
内容が内容だけに外注することも難しく、ストレスを抱えている経営者も多いでしょう。

そんな面倒な契約書関係業務をスピーディーに行えるのが、クラウドサインです。
クラウドサインは弁護士監修の電子契約サービスとして知られ、電子契約サービス市場での累計登録者数がなんとナンバー1。
契約書関連業務に追われる全ての人をサポートする、クラウドサインの特徴や料金プランをご紹介します。

クラウドサインの魅力

クラウドサインはクラウド上で契約書に関するありとあらゆる業務を行えるツールです。
面倒な契約業務を効率良くサクサクと進めたい方にもぴったりな、クラウドサインの魅力をご紹介します。

クラウド上で契約が締結

クラウドサインは、契約に関係する作業の全てをクラウド上で行えます。
パソコンとネット環境さえあればいつでもどこでも業務を進められるため、自宅でも作業可能です。

契約書の作成だけではなくクラウド上で押印もできますので、確認が取れたらそのまま契約完了!
契約した書類はそのままクラウドサインで保管・管理ができますので、後から見返す際にも便利です。

他社サービスとの連携使用可能

より利便性を高めるため、クラウドサインでは外部システムや他社サービスとも連携を取っています。
KintoneやSaleforce、Slackなど提携可能サービスも多数あります。
ニーズに合わせて連携利用することで、顧客情報管理や進捗状況自動通知など、便利な機能を活用できます。

連携の開始や停止は自由ですので、必要なツールだけを簡単に取捨選択可能です。
上手に活用することで、より業務を効率化できるでしょう。

プラン豊富で選びやすい

クラウドサインでは無料で使えるお試しプランをはじめ、ビジネスシーンにピッタリな機能を多数搭載した有料プランまで幅広く用意。
都合に合わせて好みのプランから選択できます。

その利便性から、電子契約を利用する企業のうち、約8割もの方がクラウドサインを利用するほど!
個人から法人まで様々な事業主をサポートしています。

コスト削減できる

クラウドサインを活用する事で対面せずに契約ができることから、様々なコストを削減できます。
契約書を印刷することで発生する用紙代やインク代の他にも、このような費用を削減可能です。

月間5件の契約まで無料

電子契約サービスを行う他社ツールの中には、1件契約ごとに費用が発生するタイプもありますが、クラウドサインはその点も安心。
無料プランでも月に5件の契約までは無料で行えますので、気軽に活用できます。

印紙税も節約

用紙による契約の場合は印紙税法が適用されるため、契約書の内容によっては印紙代がかかります。
特に1号文書や7号文書など収入印紙代がコンスタントに発生する文書の場合は、契約をすればするほど負担がかかるでしょう。

ですが、電子データによる契約の場合は非課税となるため、内容に関わらず収入印紙代が不要。
経済的負担としてのしかかる収入印紙代をゼロに出来るのです。
収入印紙代に圧迫されて苦しい思いをしている方にとっても、クラウドサインは強い味方になります。

セキュリティ対策も抜群

電子契約はセキュリティが心配という方もご安心下さい。
クラウドサインでは大切な契約書を守る為、様々な対策を施しています。
クラウドサインで行うセキュリティ対策はこちらです。

暗号化通信&保存ファイルの暗号化を採用

クラウドサイン利用時の通信は全てSSL/TLSにて暗号化されています。
契約書を閲覧確認する際にはその都度ユニークURLを発行することで、関係者以外を完全にシャットアウトできるのです。

またアップロードした保存ファイルも全てAES-GCMにより暗号化されていますので、関係者以外がデータを読み取ることは出来ません。
更にネットから隔離したファイアウォールを使うことで、不正アクセスからも徹底ガード。
なりすましや盗聴などの恐れも一切なく、安心して使えます。

毎日自動でバックアップ

クラウドサインでは万が一の際に備えて、アップロードされているデータを全て毎日自動でバックアップ保存しています。
施設に災害などが起こった際にもデータが破損することがないよう、関連の施設複数箇所にて厳重にデータを保管しているため安心です。

クラウドサインの使い方

クラウドサインはクラウド上で簡単に使えるツールです。
初めての方でも気軽に使える、クラウドサインの使い方をご紹介します。

無料の新規登録から

まずはクラウドサインへ新規登録をします。
完全無料で登録できるため、お試ししやすいサイトです。

メールアドレスとパスワード入力で簡単

登録はメールアドレスとパスワードを入力して新規登録ボタンを押せば完了します。
面倒な入力業務なく30秒程度で登録を終えられますので、サクサクと進めたい方にもピッタリです。

契約書の準備をする

無事にクラウドサインに登録が出来たら、早速契約書の準備に取りかかりましょう。
PDF形式の契約書をアップロードするだけで契約書準備は終了。
アップロードだけではなく、修正もクラウドサイン上で簡単に行えます。

取引先への確認依頼

クラウドサインにアップロードした契約書はそのまま取引先にも確認してもらえます。
取引先へ確認依頼をする際はクラウドサインからメールを送付するため、別途連絡する手間も省けるでしょう。

押印して契約完了

無事に契約書類の確認が終わったら、クラウドサイン上でそのまま押印すれば晴れて契約が完了します。
一切対面することなく法的に有効な契約が締結しますので、大量の契約業務をスピーディーに行いたい会社にもおすすめです。

取引先はアカウントがなくても大丈夫

契約書に押印する取引先や契約相手は、アカウントを持っていなくとも利用できます。
もちろん、契約をするにあたって、先方に費用が発生することもありません。
発行されるURLにアクセスしてもらい、契約を完了させましょう。

クラウドサインの機能

クラウドサインでは契約書業務をより円滑化できるよう、様々な機能を用意しています。
クラウドサインで行っている特別な機能はこちらです。

クラウドサインペイメント

クラウドサインペイメントは、契約締結後に提携したクレジットカードから自動的に支払・請求を行うシステムです。
導入費用が一切不要で、クレジットカード決済後はカード会社から導入費用を立替えてお支払いされます。
面倒な振込作業を効率化できる他、未回収のリスクを避けられる便利なツールです。

クラウドサイン SCAN

クラウドサインを使う前に契約した紙の契約書をスキャンしたり、書類情報を入力したりなど、クラウドサインを本格稼働させるまでは準備が何かと面倒なもの。
そんな手間暇を削減するサポートを行うのがクラウドサイン SCANです。

申し込み後、スキャンしたい書類を発送するだけで、スキャン業務から取り込み作業まで一切の準備を代行してもらえます。
出張業務も相談可能なので、都合に合わせてお願いできるでしょう。

クラウドサイン NOW

対面申し込みを行う企業で役立つ機能が、クラウドサイン NOWです。
申し込み情報をタブレット入力に切り替えることで、業務効率化が図れるだけではなく顧客のデータ管理もスピーディーに。
情報分析もスムーズになり、売上アップや顧客獲得に繋がります。

クラウドサイン SALES AUTOMATION

クラウドサインSALES AUTOMATIONは、クラウド上でのお問い合せフォーム作成や顧客管理システムを導入が可能。
クラウド上で知りたい情報を手に入れられた結果、見込み客の発掘が円滑になり、受注率向上、営業リードタイムの短縮を図れます。
クラウドを利用するため、社内での情報共有もスピーディーに行えます。

クラウドサインWeb API

書類の作成や送信をサポートするのがクラウドサインWeb APIです。
こちらを使うことでクラウドサイン上で行った操作をプログラムから簡単に実行可能。
メール送付から電子署名付与、書類の保管管理に至るまで、ありとあらゆる業務の手間を大幅に削減できるでしょう。

クラウドサインの取扱プラン

クラウドサインには選べるプランが各種取り揃えられています。
それぞれ対応可能な内容や料金が異なる為、ニーズに合ったプランを選ぶと良いでしょう。
クラウドサインの取扱プランはこちらです。

無料お試しプラン

まずはクラウドサインがどんなものかを試してみたいという方にぴったりの、無料お試しプランを用意しています。
月額料金無料にも関わらず、月の契約可能件数は5件までOK。
電子署名もありますので、基本的な機能は問題なく使えます。

スタンダードプラン

毎月一定数の契約書を取り扱うということであれば、スタンダードプランがおすすめです。
こちらは全ての基礎機能を兼ね備えたベーシックなプランになります。

特徴

書類作成や送信、電子署名などの基本業務はもちろん、タイムスタンプやテンプレートの作成管理まで幅広く対応しています。
ユーザー数や送信件数は無制限な他、WebAPIも利用できるため、業務の効率化に最適です。

料金

月額固定費用:¥10,000~/月
送信件数ごとの費用:¥200

スタンダードプラスプラン

スタンダードプランに便利な機能をプラスしたスタンダードプランも人気です。
スタンダードプラスプランの概要はこちらになります。

特徴

スタンダードプランで行える基礎機能に加えて、インポート機能も利用可能。
紙の書類もインポートできるため、書類の保管管理が円滑に行えるようになります。
もちろんユーザー数と送信件数も無制限で利用可能です。

料金

月額固定費用:¥20,000~/月
送信件数ごとの費用:¥200

ビジネスプラン

よりハイスペックなビジネス向け機能を兼ね備えたプランをご所望の方には、ビジネスプランが最適です。
ビジネスプランの概要はこちらになります。

特徴

基礎機能に加えてアカウント登録制限やIPアドレス制限、承認権限設定など、よりセキュリティアップ。
他プランにはない電話サポートも対応しているため、何かあったときにも安心です。

料金

月額固定費用:¥100,000/月
送信件数ごとの費用:¥200

クラウドサインはどんな企業におすすめか

クラウドサインはその特性上、実に様々な企業が導入しているツールです。
契約書類を豊富に取り扱う人材業や不動産業の方からは特に人気が高く、対面をせずともスピーディーに契約ができる点はもちろん、書類をクラウドで一括保管・管理が出来ることもあり、積極的に活用されています。

またクラウドサインに搭載された便利機能を活用することで、支払や請求業務も効率化が出来ることから、飲食業や建築業の方など幅広く利用されています。
データ収拾管理能力にも長け、マーケティング効率もアップできることから、営業職の方にも採用されています。

その他にも銀行やクレジットカード会社、旅行会社にゲーム会社、アパレル会社に至るまで様々な企業が活用しています。
簡単に使えるのに使い方が無限大なクラウドサインは、クラウド界の未来を担う革命的ツールと言えるでしょう。
ネットを活用する企業はもちろんのこと、日頃の業務ではネット環境を利用しないような企業にもおすすめです。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書