動画制作サービスを比較!高品質でコスパ抜群の7社を厳選!

動画制作

動画制作とは?

動画制作とは、企業イメージや商品、サービスなどの特徴を視覚や聴覚へ訴えるために映像コンテンツを作成することです。そして、ユーザーに興味を持ってもらうように動画を魅力的に仕上げて提供してくれるのが動画制作サービスです。動画を制作するためには機材や技術、人材の確保などのあらゆる工程が必要ですが、動画制作サービスではこれらのことを全て任せることができるため、自社に制作技術がない企業でも動画を発信することが可能になります。近年ではスマートフォンの普及により動画の視聴率が高いため、非常に有効なマーケティング方法として知られており、動画広告の市場は年々拡大しています。

関連記事:動画マーケティングサービスにおすすめの7社を比較!成功するコツや料金まで教えます!

動画撮影

シナリオや台本を考え、カメラマン、モデル、スタジオ、撮影機材などを準備して撮影が行われます。納品日を定めて、綿密にスケジュールを組まなくてはいけません。屋外で撮影する場合は撮影地の下見なども行い、ディレクターと相談をしながら撮影当日に臨みます。動画を撮影する機材にもさまざまな特徴があり、理想の映像をつくり上げるためには機材の選定も重要なポイントです。実写撮影ではモデルやカメラマンなどの人件費のほか、スタジオやロケ地などの撮影地費用、テロップやナレーションなどのオプション費用が必要となります。

CG・アニメーション

実写では不可能な動きや表現も、CG・アニメーションであれば表現することが可能です。アニメーション動画はサービスやブランドイメージなど、形では表現できない無形のものをビジュアル化して効果的に伝える手段として利用されます。人材や機材が不要なので、実写動画に比べるとコストを抑えることができます。実写動画では撮影日数やスタッフの人数などで費用が左右されますが、アニメーションでは尺の長さや動きの複雑さによって費用が決まります。

企画・プロデュース

より多くのユーザーの心を掴む動画にするためには、土台となる企画をしっかり練らなければなりません。動画制作をする目的や、年齢層・性別などのターゲットを明確にし、制作後の広告展開まで統括してプロデュースすることが肝心です。商品やサービスをどのようにアプローチしていくか、また、次回ではどういう改善をすべきかなど長期的なプランを立てて取り組みましょう。

動画制作を依頼できる企業探しの方法

一括見積もりできるサービス

複数の動画制作会社を一括見積もりで比較してくれるサービスです。会社選びに迷っていたり、大体の相場を見たいときに使うとおすすめです。制作費用だけではなく得意分野や制作実績、ディレクターなどあらゆる項目で比較することができます。無料で依頼できる場合が多いので気軽に利用できることもポイントです。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングでは企業だけではなく個人のクリエイターに依頼できるので、低価格で高クオリティな作品も期待できます。検索方法などはサービスによってさまざまで、クリエイターに募集をかけて提案を集める方式や、条件に合ったクリエイターを探すマッチング方式などがあります。クラウドソーシング内で登録するクリエイターに基準を設けているところもあるので、そういったポイントを事前に確認しておくと依頼するときも安心です。また、クリエイターと直接やりとりを行うケースと運営会社を介して進行されるケースがあるので、サイトごとに確認しておきましょう。

キーワードで検索する

動画制作会社は各地域にありますので、打ち合わせなどを直接面談にて行いたい場合などは地域名で検索すると希望に合った会社が見つかります。屋外での撮影で場所が決まっている場合なども、その地域に詳しい会社に依頼することができると撮影がスムーズに進みます。また、制作したい動画のイメージや種類が決まっている場合、その分野に特化している会社を探すのもおすすめです。

動画制作に必要な費用

企画に関わる費用

企画は撮影の基盤ですので、しっかりと練り上げましょう。企画とひとことで言っても内容が細かく分かれており、以下のような項目で料金が発生します。

  • 企画構成費用 3~20万円
  • ディレクション費用 5~25万円
  • 台本作成費用 5~15万円

企画構成では打ち合わせをしながら動画制作のコンセプトなどを打ち立てていき、ここで最初の土台が決まります。ディレクションとは動画制作のために必要なスタッフをそろえ、スケジュールの調整などを行う段階です。台本作成とは動画のシナリオをつくることです。総括すると、企画に携わる費用としては約5~65万円が目安になります。

撮影に関わる費用

・5~60万円
撮影の費用は内容により大幅に異なります。費用の内訳には人件費、機材代、スタジオ費用、ヘアメイク費用などの項目があり、制作する動画によってモデルを採用したり、スタジオを借りる場合に費用が発生します。宿泊や遠征する必要がある場合は実費となることが多いです。

編集に関わる費用

・5~50万円
編集費用も動画の内容によって異なります。基本的な映像編集費用のほかに、イラストなどを挿入する場合はグラフィック制作費用や、ナレーション費用、効果音費用などが追加されます。DVDなどの媒体で納品する場合も費用がかかる場合もあります。

動画制作にかかる費用の相場

商品・サービス紹介

・50~200万円
自社商品やサービス紹介としてCMなどをイメージすると目安として50万円以上から制作できます。商品やサービスの魅力を引き出すために、ディレクターと共通認識のすり合わせを行いイメージを具現化していく必要があります。費用は動画内容に異なりますが、予算が少なくてもわかりやすく伝わりやすい動画を制作することは可能です。

プロモーション

・50万円~300万円
プロモーション動画は視聴者の購買意欲をそそり、販促活動に有効です。視聴者に興味を持ってもらう工夫をこらし、どういう戦略で公開していくのかなどの綿密な打ち合わせが必要になります。プロモーション動画は最初の6秒が決め手といわれていますので、制作者の技術力が求められます。価格帯はさまざまですが、予算が高くなるとドローン撮影や海外ロケなどを行って充実した内容に仕上げることができます。

アニメーション

・20万円~50万円(30秒)
アニメーションでは打ち合わせや撮影が不要な場合もあり、モデルやメイクアップアーティストなどの人材費がかかりません。作業工程と人件費がカットする分、比較的手頃な価格で依頼することができます。

ブランディング

・100万円~
ブランディング動画とは、ユーザーにブランドへの共感や信頼感を持ってもらうことを目的とした動画です。直接商品やサービスの紹介をするわけではありませんが、購入意思の決定打となる重要な役割を担っています。ブランディングに一度失敗すると会社の存続に大きくかかわりますので、丁寧な打ち合わせとプランニングをすることが大切です。費用は100万円以上が目安で、内容によっては300万円以上かかるケースもあります。

その他

  • YouTube用広告動画 5万円~
  • イベント・セミナー用動画 5万円~
  • デジタルサイネージ用動画(スライド) 2万円~

大がかりなものでなければ、上記のように比較的安価に抑えることも可能です。フリーランスに依頼する場合はさらに費用を抑えることができるケースもあります。

動画制作会社を比較する際のポイント

実績がある

動画制作会社として経験豊富な実績のある会社を選びましょう。多くの場合、制作実績の内容はホームページに掲載されています。制作動画が公開されている場合は必ず視聴し、動画のクオリティや自分の依頼したいイメージに対応しているかなどを確認しておきましょう。

企画内容や質

こちらの目的を丁寧に聞いてくれて、ニーズに応じた提案に努めてくれる会社は良い制作会社といえます。カウンセリングを怠らず、親身な対応をしてくれる会社を選びましょう。目的を達成するためにどういう戦略を練るのか、効果的な撮影方法があるのかなど、細かな部分も十分に話し合えるとイメージに近い仕上がりが期待できます。

得意な分野や領域

動画制作会社にはそれぞれ得意分野がありますので、理想とするイメージや撮影手法に強みを持つ会社を選ぶのもよい方法です。専門的な知識があるので動画制作もスムーズに進みます。例えばアニメーションに特化した会社や、冠婚葬祭をメインに制作している会社もあります。

おすすめの動画制作会社

GoQMovie(ごくーむーびー)

GoQMovie(ごくーむーびー)

特徴

動画によって企業の課題解決をサポートするサービスとして、課題の抽出のための丁寧なヒアリング、動画企画・制作、完成した動画を効果的に配信するためのマーケティングまでをワンストップで行っています。IT、システム、金融などさまざまな経験と実績をもつプランナーが在籍し、適切な担当者が選ばれて企画提案が行われます。ウェブ会議やチャットツールなどを用いて打ち合わせを行うことで、費用を抑えて全国でのサービス展開を実現しています。顧客維持や顧客満足度向上など、ニーズに応じてマーケティング手法が組まれるので、動画を最大限有効に使うことができます。

料金

25万円~

Webサイト

https://goq.movie/

Shibuya Movie

Shibuya Movie

特徴

『映像をもっと、シネマティックに』のコンセプトのもと、商品や企業の魅力をシネマティックな表現で引き出し、ユーザーが思わず見入ってしまう世界観をつくり上げます。雰囲気のあるおしゃれな映像が希望の方にはぜひおすすめしたい会社です。宣伝動画、ドキュメンタリー、PRなどを制作することができます。企画から納品まで一貫して同じ担当者が行うため、コンセプトやイメージが伝わりやすいことも特徴です。プランは4つに分かれており、15万円からと非常にリーズナブルです。サイト上では、企業や大学などが依頼した過去の制作動画を見ることができます。

料金

エントリープラン 15万円~
ライトプラン 50万円~
ベーシックプラン 100万円~
プレミアムプラン 200万円~

Webサイト

https://shibuyamovie.tokyo/

株式会社ヒューマンセントリックス

株式会社ヒューマンセントリックス

特徴

法人向けの動画制作サービスを提供している実力と実績のある会社です。。外注を使わず社内一貫体制で高品質な動画を提供しています。課題を発見し、どこに掲載するのか、どの場面で公開するのかなどをヒアリングし、目的に応じて最適なプランニングを立てる技術を持っています。完成度の高さはもちろん、シンプルな料金体系やあらゆる利用シーンに対応できる技術力から、多くの企業より高い信頼を得ています。経験豊富で業績があり、信頼できる大手の制作会社が希望の方にはぴったりです。

料金

ベーシック 18万円~30万円
プロフェッショナル 50万円~100万円
エンタープライズ 120万円~350万円

Webサイト

https://www.humancentrix.com/

株式会社プルークス

株式会社プルークス

特徴

東京・大阪を中心として、全国の依頼に対応しています。実写やCG制作、アニメーションまで多様な表現の動画制作が可能です。専属の映像ディレクターによる丁寧なヒアリングで要望を具体化し、スムーズな動画制作を行うことで高く評価されています。カメラマンやアニメーターなどそれぞれのプロが在籍しているため、企画、撮影、編集全てを自社内で行う一貫体制が整っています。大手企業からベンチャー企業まで幅広く受注しており、毎月100本以上の依頼があります。確かな技術と信頼のある動画制作会社です。

料金

エントリープラン 30〜50万円
スタンダードプラン 50〜80万円
プレミアムプラン 80〜150万円
ハイグレードプラン 200万円〜

Webサイト

https://proox.co.jp/

Movie Print

Movie Print

特徴

動画制作のマッチングサイトです。動画の用途、制作実績、地域などから検索し、登録されている100社以上の中から希望に沿った会社を見つけ出すことができます。制作会社の実績や予算などを比較する際に役立ちます。目安となる費用やスケジュールなども把握することができるので安心です。プラットフォームは無料で利用でき、依頼したい会社が見つかれば直接会社とのやりとりが行われます。

料金

無料
契約時は企業により料金が異なります。

Webサイト

https://movieprint.jp/

Crevo(クレボ)

Crevo(クレボ)

特徴

国内外に約5000名のクリエイターを抱えており、案件に適切なディレクターやイラストレーターなどのスタッフを選抜し、専属チームによって制作が行われます。クラウドソーシング型のサービスですが、Crevoのスタッフが専属となり打ち合わせからサポートするため、安全でスムーズな進行が可能です。主にアニメーションで広く知られていましたが、近年では実写撮影も行われており多彩な表現が可能となっています。

料金

49万円以下から可能
詳細は要相談となっていますが、サイト上で価格帯にわけて制作実績が公開されています。

Webサイト

https://crevo.jp/top

ボーダーレス

ボーダーレス

特徴

クリエイターと直接やりとりを行いながら制作を進めるので、イメージの共有がスムーズに行えます。海外でも十分に通用できる高いクオリティを意識しており、事業のグローバル化の際にも協力を願うことができます。柔軟な対応と高品質な動画制作で、クライアントからの信頼も厚い会社です。スタッフ紹介のページも充実しており、プロフェッショナルでありながらもユーモアも兼ね備えた印象を受ける会社です。

料金

20万円程度~要相談

Webサイト

https://www.borderless-tokyo.co.jp/





次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年6月14日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書