YoutuberやTwitterユーザー必見!ファンから寄付やプレゼントをもらう方法や使えるおすすめのサービス!

YouTuberやTwitterユーザーがファンからプレゼントをもらう方法やサービス

Youtuberとは?

YouTuberとは、Youtubeに動画をアップロードして収益を得る人のことです。

YouTubeへの動画は誰でもアップロード可能ですが、収益化には「チャンネル登録者1,000人以上」、「年間総再生時間4000時間」という条件があります。

また、収益化に成功したとしても単価は1再生0.05円〜0.1円となっており、YouTuberとして生活して行くには、動画を上げ続けるたゆまぬ努力と動画への情熱や愛が必要になります。

一見華やかで楽しそうに見えるYouTuberですが、裏では圧倒的な努力をしています。

実はそんな努力をしていたと知れば、自分の好きなYouTuberをより一層応援したくなりますよね。

Twitterユーザー(インフルエンサー)とは?

「自分にとって興味のある内容を発信している」「フォローしたら有益な情報を得られる」

こんな方をTwitter上でフォローしている方も多いのではないでしょうか?

Twitterでフォロワーが多く影響力がある人のことを「インフルエンサー」と呼びます。

インフルエンサーは影響力があるため、企業がインフルエンサーを起用して商品やサービスの宣伝を行うインフルエンサービジネスなどが最近流行っていますよね。

そんな、ある種のアイドルとも言えるYouTuberやインフルエンサーですが、アイドルと違ってライブやグッズ販売がないため、「どうやったら応援できるのだろうか?」と考えるファンも少なくありません。

そこで今回は、YouTuberや人気のTwitterユーザーが、ファンから寄付やプレゼントをもらう方法やサービスについてご紹介していきます!

「YouTuberや人気のTwitterユーザーを支援したい!」

「ファンと交流するにはどうしたらいいだろうか?」

という疑問を持つ方は、ぜひご一読くださいね!

YouTuberやTwitterユーザーがファンから寄付やプレゼントをもらう方法

YouTuberや人気Twitterユーザーはどのようにしてファンから寄付やプレゼントを受け取ればいいのでしょうか?

ここでは4つの方法をご紹介していきます。

所属事務所に送ってもらう

まず1つ目の方法は「所属事務所に送ってもらう」です。

YouTuberであれば、ある程度のチャンネル登録者数がいれば、事務所に所属しているはずです。

例えば「UUUM」などが有名でしょう。

送る側は、自分の好きなYouTuberが所属している事務所を調べ、記載している住所にプレゼントなどを送れば、事務所の方が確認したうえで、責任を持って本人に届けてくれるはずです。

このとき、所属事務所の宛先の横に「◯◯様(自分の好きなYouTuber)宛」と必ず記載するようにしましょう。

人気YouTuberは毎日のようにプレゼントを受け取っています。

印象付けるためにプレゼントに工夫をしてみるのも良いかもしれませんね。

プレゼントや寄付を受け取りたいYouTuber側は、動画内で忘れずに「プレゼントはこちらの住所にお送りください」とひとこと言っておきましょうね。

オフ会やイベントなどで直接渡す

2つ目の方法は「オフ会やイベントなどで直接渡す」です。

YouTuberや人気Twitterユーザーの場合、ファン交流のためにオフ会を開くことがありますよね。

そのオフ会に参加したときに直接手渡しするのも1つの方法です。

受け取り側が喜ぶ姿がダイレクトに見れるので、ファンにとっては嬉しい限りでしょう。

しかし、あまりに大きなプレゼントを用意すると、持ち帰るのが大変になってしまいます。

そのため、YouTuberや人気Twitterの負担を考え、可能な限り小さなプレゼントを渡すようにしましょう。

バーチャルオフィスを利用する

3つ目の方法は「バーチャルオフィスを利用する」です。

事務所に所属しているYouTuberや人気Twitterユーザーであれば、事務所に送ってもらえばプレゼントは受け取れます。

しかし、所属していない場合どうすればいいのでしょうか?

「いくらなんでも自宅や事務所の住所は教えたくない」

「しかしプレゼントなんて要らない、と言えば角が立ってしまう」

そんなときおすすめなのが「バーチャルオフィス」です。

バーチャルオフィスは日本語で「仮想の事務所」と翻訳され、海外でスタートしたサービスです。

その名の通り、物理的な事務所を持たず、事務所機能を果たすオフィスのことです。

具体的には、その場所の「住所」だけを借り、仮想の事務所を設立します。

「そんなことをしたらこちらに届かないのでは?」と不安になる方もいるかもしれません。

しかし安心してください。一般的にバーチャルオフィスには、郵便物の転送をしてくれるサービスが含まれているものがほとんどです。

つまり、バーチャルオフィスの住所に届いたファンからの郵便物を自宅、もしくは事務所に自動で転送してくれるのです。そのため、自宅の住所を教えずにファンからプレゼントや寄付を受け取ることが可能になります。

Youtube Givingなどのサービスを利用する

3つ目の方法は「YouTube Givingなどのサービスを利用する」です。

現在ではYoutube Givingを筆頭とする、YouTuberや人気Twitterユーザーを支援するアプリケーションやサービスが充実しています。

例えばYouTube Givingであれば、「寄付するボタン」を押せば、任意の金額をYouTuberに渡すことができます。この際、寄付手数料はすべてYouTube側が負担するので、100%の金額がクリエイター側に直接渡ります。

ファンは好きなYouTuberを支援でき、またクリエイターであるYouTuber側もプレゼントや寄付を容易に受け取ることができる、まさにWin-Winのサービスだと言えるでしょう。

YoutuberやTwitterユーザーが、ファンから寄付やプレゼントをもらう方法や使えるおすすめのサービスを比較

ここでは、YoutuberやTwitterユーザーが、ファンから寄付やプレゼントをもらう方法や使えるおすすめのサービスを具体的に5つご紹介していきます。

気になるサービスがあれば、ぜひやってみてくださいね!

YouTube Giving

YouTube Giving
先ほどご紹介した、視聴者が気軽にYouTuberを支援できるのがこの「YouTube Giving」です。

特徴

YouTube Studioから設定し、動画内で「寄付する」ボタンを押せば、簡単に好きなYouTuberを支援できます。

支援できるYouTuberの条件は以下の通りです。

  • 米国、英国、またはカナダのチャンネルである
  • チャンネル登録者が 10 万人以上いる
  • チャンネルが YouTube パートナー プログラムに参加している
  • チャンネルが子ども向けとして指定されていない

日本のYouTuberはまだ対象外ですが、海を隔てて実際に会いに行きにくい、欧米系のYouTuberを支援したい人にはおすすめのサービスです。

料金

無料

Webサイト

https://support.google.com/youtube/answer/9457362?hl=ja

YouTube 視聴者ファンディング

YouTube 視聴者ファンディング
YouTuberへの投げ銭機能で気軽に支援できるのが「YouTube 視聴者ファンディング」です。

特徴

YouTube内で設定し、動画内の左上に表示される「ハートマーク」を押せば、任意の金額を支援することができます。決済にはGoogle walletが必要になります。

視聴者ファンディングを受けられるYouTuberの条件は以下の通りです。

  • アカウントが良好な状態である
  • YouTube パートナーシップの一般的な条件を満たしている
  • 電話でアカウントの確認が済んでいる
  • YouTube アカウントに承認済みのAdSenseアカウントが関連付けられている
  • 特定のネットワーク内で使っている場合は、その中で視聴者ファンディングが有効にされている

視聴者からの寄付の一部はYouTube側の手数料として徴収されます。

料金

無料

Webサイト

https://www.youtube.com/

Amazon Gift

Amazon Gift
欲しいものリストを公開してプレゼントを受け取るなら「Amazon Gift」がおすすめです。

特徴

Amazonでは、自分の欲しいものをピックアップし、受け取りの住所を記載してTwitterやYouTube上などにリンク先を貼っておけば、ファンがそれを購入した際、直接記載した住所へ届けてくれる、というサービスを展開しているのをご存知でしょうか?

また、プレゼントだけでなく「Amazon gift券」と呼ばれる、現金の代わりとなるクオカードのようなものも受け取れます。

もし自宅の住所を教えたくないのであれば、前述した通り、所属事務所か、バーチャルオフィスに送ってもらうのもいいでしょう。

料金

無料

Webサイト

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E5%88%B8/b?ie=UTF8&node=2351652051

Giftee

Giftee
面識のない相手にもプレゼントを送るなら「Giftee」がおすすめです。

特徴

コンビニ変える100円のコーヒー券から、ちょっと高価なプレゼントまで幅広い商品を、LINEやメール、SNSアカウントのDM(ダイレクトメッセージ)で送れば、もらった相手が商品と交換できるというサービスになります。

デジタル版の商品券のようなもので、住所が分からなくても送れるのがメリットでしょう。

料金

無料

Webサイト

https://giftee.co/about

Gift Pad


女性への体験型プレゼントなら「Gift Pad」がおすすめです。

特徴

美容室でのヘアーカット、スパ、エステ、マッサージ、リラクゼーションなど、女性が喜ぶ体験型のプレゼントを送れるのが特徴です。

もちろんコーヒーやアイス、お米などのプレゼントを送ることもできます。

料金

無料

Webサイト

https://giftpad.jp/


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書