経営管理におすすめのプロジェクト収支管理ツール「SmileWorks」

概要

企業経営をスピーディーに判断することができる、スマイルワークスの5つの要素をご紹介します。営業や販売の動きに合わせ煩雑になる業務を、これらの要素を使うことで見通せるようになり、企業の経営判断がスピーディーできるようになります。

プロジェクト別収支管理

計画別の収益・予実が一目で把握できます。売上・仕入金額、社内工数などを紐づけた同時管理によって基幹システムとして使用可能です。

スマホで承認ワークフロー管理

見積書などの申請書類にスマホでも承認ができ、計画の進行を円滑に進めることができます。※承認者に指定された方のみ

販売・在庫管理

経営上必要な見積など書類の作成、過去の集計データ探しが簡単にできます。業務が忙しくなるにつれExcelで数値に差が生まれがちな複数の倉庫の在庫管理でも、「どの商品」が「どの倉庫」に「いくつあるのか」正確に管理可能です。

給与計算

毎月の給与計算業務が楽になります。各種保険や税金の計算、WEBで給与明細発行、各種届出など、業務コストが大幅に削減。勤怠情報入力はスマホからでも打刻可能で、マイナンバー制度や年末調整、算定基礎届や月額変更届などの業務まで完全対応しています。

配賦機能・財務会計

経費に関する申請書類の処理や振込、精算時の集計などの業務も簡単です。計画ごとに販売管理で使用した売上など各伝票のデータがボタン一つで会計と連動することで振替伝票や損益計算書を自動抽出・作成できます。

特徴

押さえておきたいスマイルワークスの特徴をご紹介します。

クラウドシステム

外出先や複数の拠点から、プロシェクトの収支や急な見積りの問い合わせにも場所を選ばず対応可能。

最新の法改定に対応

法令対応などのバージョンアップはすべてデータセンター側で自動でおこない、費用は一切かかりません。

あんしんサポート

導入時や導入後の操作などのお悩みに対して、担当者と同じデータにアクセスし、それを見て話し合いながら修正できるのでスピーディーな問題解決ができます。

受賞実績

クラウドランキング連続5回の選出をはじめ数多くの賞を受賞しています。
・クラウドランキング日経BP社主催 第10回汎用業務系SaaS部門 ベストサービス
・クラウドサービス認定プログラム2017
・あんしんかんベストプラクティス2015

推奨している企業・団体

・富士通株式会社様
・アスクル株式会社様
・石川県商工会連合会様

選べる3つの価格プラン

スマイルワークスは使い方に合わせて「Lite」「Std」「Pro」の3つのプランが選べます。スマイルワークスで削減できるコストは時間と金額の両方にあります。ツール選びはより高い対費用効果を得るために会社での使い方に合わせて選ぶことが大切です。プランによる内容の違いをご紹介します。

SmileWorks-Lite

¥ 9,000 / 月(税抜)/初期費用:¥10,000(税抜)/ユーザー数: 3 ID

・販売管理 販売/仕入管理
・給与計算 給与/賞与計算・年末調整
・財務会計 日次/月次業務

SmileWorks-Std

¥ 18,000 / 月(税抜)/初期費用:¥30,000(税抜)/ユーザー数: 5 ID

・販売管理 販売/仕入/在庫管理
・給与計算 給与/賞与・年末調整・社会保険
・財務会計 日次/月次・固定資産・支払調書

SmileWorks-Pro

¥ 45,000 / 月(税抜)/初期費用:¥50,000(税抜)/ユーザー数: 10 ID

・案件管理 プロジェクト収支・ワークフロー
・販売管理 販売/仕入/在庫管理
・給与計算 給与/賞与・年末調整・社会保険
・財務会計 日次/月次・固定資産・支払調書

課題解決の導入例

スマイルワークスが解決できる問題をご紹介します。

● 海外出張先から経営データが確認できない
● ソフト・ハードのバージョンアップコストがかさんでいる
● 販売・会計のデータ連動が弱い
● 業員増加にともない、推奨人数を大きく超えていた既存ソフトの刷新が必要になった
● 勤怠管理、給与明細の印刷・配布、マイナンバー管理など、従業員の業務過多、セキュリティリスクを懸念

導入時や導入後の操作などのお悩みに対して、担当者と同じデータにアクセスし、それを見て話し合いながら修正できるのでスピーディーな問題解決ができます。
面倒な法令対応などのバージョンアップはすべてデータセンター側が自動処理。その際の費用は一切不要。また勤怠管理ソフトと連携をすることで、各店長の勤怠集計時間の大幅な削減できます。マイナンバーと勤怠を必要に応じて安全、安心に管理できますので、中小企業での運用におすすめです。※一部スマイルワークス公式HPより引用

まとめ

さて、ここまでSmileWorksをご紹介してきました。企業の経営判断をスピーディーにする5つの要素と、押さえておきたい特徴から、選べる3つの価格プランで、おすすめの業種や導入先での課題解決の一例をいくつかご紹介しました。プロジェクト別収支管理ツールはスマイルワークスに決まり!とは言いませんが、使い方を見極めれば、企業経営の問題を確実に解決できます。この記事でご紹介した内容を参考に後悔のないツール選びをして下さい。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年11月17日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書