IT活用 問1

答え合わせをする

IT活用

次の問いの答えとして、適切なものを選びなさい。

世界中のコンピュータをつなぐインターネットで、ネットワークにつながっている個々のコンピュータ端末がどこにあるかを識別するために使っている仕組みは次のうちどれか。

  1. HTTP
  2. IPアドレス
  3. TCP/IP
  4. ISP

答え:2

インターネットに接続された個々のコンピュータ端末がどこにあるかを識別する仕組みを、「IPアドレス」といいます。このアドレスを使ってデータをどこに送るのかを判断する「宛先」に当たるものになります。

HTTPは、主にウェブサイトへアクセスするための通信方法です。
TCP/IPは、インターネットでデータを送る基本的な方式です。
ISPは、インターネットサービスプロバイダーの略でインターネット接続サービスのことです。

インターネットの仕組みについては、「IT活用 基本のき第2回:インターネットの基礎知識」で復習しましょう。

答え合わせをする

次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2019年2月24日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書