販売管理ソフト「弥生販売」について

概要

弥生販売とは、販売・売上・仕入れ情報を一元に管理することができる販売管理ソフトです。弥生販売を導入すれば、帳票や伝票の発行が簡単にできたり、発注や支払業務も管理できるため、経理スタッフの負担を軽減させることができます。また管理項目ごとの集計を把握することができるので、営業戦略を立てるのにも役立ちます。業務分析を細かに行いたい企業や経理業務を効率化させたい企業にはとても役に立つソフトでしょう。さらに弥生会計と連動しているため、弥生会計を主に利用している企業なら弥生販売を導入時に会計データを入力する手間を省くことができるので便利です。

特徴

販売管理や在庫管理システムの連携

販売・在庫・仕入れに関する管理システムを別々に導入する場合、システム入力する手間が増えますし、それぞれを連動したリアルタイムな状況を把握することが難しいでしょう。弥生販売では、在庫や売上管理システムを連携させることができます。そのためリアルタイムでの販売データを常に把握することができます。また見積書や請求書を自動で簡単に発行することができますので、手作業によるミスを防ぐことができます。初めて導入する人には「スタートアップガイド」がありますので、簡単に設定・導入することが可能です。

集計表や月報のデータ分析

弥生販売の集計表画面では、得意先・仕入先・担当者などの項目別でデータを集計することができます。これにより、日にち・月ごとの売上集計や、担当者別の成績確認などに便利です。さらに売上分析表と仕入れ分析表を確認することにより、得意先に対してどの商品が売れているのかを簡単に分析できます。仕入先別と商品別の分析も可能ですから、どこの企業からどの商品を多く仕入れているのかを知ることもできます。こうした分析は、より戦略的な営業戦略を立てることに役立ちます。

サポートが充実している

弥生販売には「あんしん保守サポート」と呼ばれるサポートプランがあり、「セルフプラン」「ベーシックプラン」「トータルプラン」の3種類があります。業界最大規模のカスタマーセンターが用意されており、充実したアフターサポートを受けることができるのが特徴です。とくに業務に関する相談に乗ってくれるのが高評価で、顧客満足度も高いです。

セルフプラン:プラグラムのアップデートやバックアップをしてくれる基本的なプラン
ベーシックプラン:操作の簡単な質問から業務の相談まで乗ってくれる一番人気のプラン
トータルプラン:上記2つのプラン内容と、さらにパソコントラブルやネットワークサポートまでの充実したプラン

価格

弥生販売の料金プランには、「スタンダード」「プロフェッショナル」「プロフェッショナル2ユーザー」の3種類があります。さらにそれぞれのプランで選択した「あんしん保守サポート」プランによっても価格が異なります。30日間無料で利用することができる体験版がありますので、本格導入前の利用がおすすめです。また安心保守サポートについては、最大で15ヶ月間無料で利用できるサービスも展開していますので、ぜひ活用してみましょう。

スタンダード

見積・売上・請求などの基本的なシステムを利用できる製品です。ソフト代をなるべく抑えたい人や小規模法人・個人事業主に向いています。

セルフプラン付き 年間 39,800円(税抜)
ベーシックプラン付き 年間 39,800円(税抜)
トータルプラン付き 年間 49,300円(税抜)

プロフェッショナル

スタンダードの機能に加えて、集積・分析機能や在庫生産管理などがプラスされた製品です。在庫を扱う業種は、こちらがおすすめです。また、中小規模法人向けとなっています。

セルフプラン付き 年間 77,200円(税抜)
ベーシックプラン付き 年間 77,200円(税抜)
トータルプラン付き 年間 92,000円(税抜)

プロフェッショナル

上記のプロフェッショナルの機能が2台で利用することができる中小規模法人向けの製品です。2台で同時に弥生販売を使用したいときにはこちらを選びましょう。

セルフプラン付き 年間 105,00円(税抜)
ベーシックプラン付き 年間 105,00円(税抜)
トータルプラン付き 年間 119,500(税抜)

どういう業種に便利か?

卸売業、小売業

弥生販売は在庫状況と売上・仕入れ情報を連動して管理することができますので、商品を扱う卸売業や小売業には最適です。弥生販売を導入すれば、取引先や商品ごとの状態を細かくチェック・管理することが可能となりますので、過剰在庫を抱えない戦略を立てることもできます。

不動産業

不動産業で利益を上げるためには営業が重要となります。そのため見積もり書や請求書などの管理が膨大で手間がかかります。弥生販売では見積書の作成や請求書の発行が簡単にでき、メールで得意先に送信してくれる「Eメール送信」機能もあり、非常に便利です。また「回収管理機能」で売上の回収漏れを防ぐことができたり、入金があれば自動的に処理してくれる「入金消込」で経理業務の軽減に役立ちます。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書