販売管理ソフト「Plaza-i」について

概要

Plaza-i販売管理は、見積、受注、販売、在庫品引当販売、プロジェクト別取引、輸出、請求管理、分析など販売業務を広範囲にカバーするソリューションです。国内販売業務のための機能のほか、インボイスなどの書類作成や為替計算など、輸出業務に対応する豊富な機能を備えるため、商社など貿易を行う事業者にも導入されています。国内取引も海外取引も、画面の操作体系は同一です。また、ECサイトでの取引も統合して管理できるため、実店舗とネットショップを同時に運営する事業者にも向いています。

特徴

国内販売・海外販売(輸出)・ECサイト(オンライン取引)に対応

Plaza-i販売管理は、国内向けの販売業務だけでなく、海外への販売(輸出)業務にも対応するシステムです。国内販売でも海外販売でも操作体系は同一で、使い方の習熟に無駄がありません。また、国内販売および輸出の取引入力やマスターは統合されていて、一元的管理ができるように構成されています。輸出業務に欠かせないインボイスやパッキングリストといった書類の作成、輸出時にかかる諸掛配賦、多通貨の為替などをサポートします。一方、輸出と国内販売の両方を行う事業者にも細かく配慮されており、日本の商習慣特有の締め請求や手形など、多様な請求や入金方法に対応しています。さらにPlaza-i販売管理では、ECサイトでの取引(オンライン取引)販売についても、通常の卸売取引と連携・統合した管理が可能。ECサイトからの注文データなどから自動で受注伝票を作ることもできます。

見積業務、出荷業務の細かいニーズに対応

Plaza-i販売管理は見積業務をサポートする多彩な機能を持っています。見積書に商品の金額をグループ別に集計したり、見積書を複数のパターンで作成する場合、元の見積伝票からコピーして関連付けたり、見積書が成約したときに注文書フォーマットとして印刷したりできます。また、マスター登録した見積条件からの転記や、見積段階から在庫の仮押さえ、見積段階からの採算管理といった機能も持ち、見積伝票・受注伝票に各種資料のファイルを添付し、データベースで管理することも可能です。Plaza-i販売管理の出荷業務機能も豊富です。たとえば在庫の引当・出荷指示は、一覧で表示した在庫状況から一括で実行でき、分納による出荷にも対応。事業者が各地に販売・物流拠点を持つ場合は、受注した拠点から他の拠点に出荷を指示できます。商品を複数の拠点から1拠点に集めて出荷するケースでも、受注した拠点で処理を行えます。さらに、配送料金の自動計算や個数才数の自動計算をする機能も搭載しています。

複雑な条件に対応する商品販売機能、多様な売上機能

Plaza-i販売管理は、複雑な商品販売もサポートしています。たとえばシリアル・ロットの単位でワランティを登録し、取引などの履歴を管理できます。また、機械を設置する作業などの費用は、在庫管理のない役務商品として扱えます。受注した商品が複数の部品から構成される場合でも、Plaza-i販売管理から部品群の調達指示や組立、在庫の管理などを処理することができます。さらに、売上を集計・分析する機能も豊富に用意されています。いくつもの観点から売上明細を照会してExcelに転送したり、ABC分析を得意先/商品/プロジェクトといった軸で実施したりできます。帳票の出力は、担当者/組織/得意先集計/商品集計ごとの予実績関連帳票に対応。内部統制についても配慮されており、返品処理では営業から売上返品が指示されるため、物流部門が返品入庫予定を確実に把握できるようになっています。

価格

Plaza-i販売管理はボックス販売型の製品ではなく、導入先のニーズに合わせ、コンサルタントがシステムの構成や価格などを提案する形式になっています。そのため価格や動作環境などについては、株式会社ビジネス・アソシエイツに問い合わせる必要があります。

どういう業種に便利か?

商社などの貿易業

貿易業では、各種貿易関連書類の作成が必須です。また、仕入れと販売の時期で為替に差があるときは、外貨の為替計算をする必要が生じます。これらには多大な労力が必要とされています。業務ソフトが導入されている事業者でも、国内販売と輸出入が別システムになっており、操作の効率が低くなっているケースがあります。Plaza-i販売管理ではインボイスやパッキングリストなどの貿易書類を出力する機能を備えています。外貨での債権債務残高の管理が可能で、為替差損益も自動で計算されます。国内取引と輸出入取引を同一の画面から操作できるので、業務の効率が向上します。

物販・サービス・ECサイトなどの複合業態

近年の販売業は、物販だけでなく各種サービスも提供したり、ECサイトを運営したりするなど複合的な業務を行うことが増えています。これらの業務にそれぞれ異なるソフトを導入すると、操作体系やデータベースがばらばらで労力の無駄につながります。また、取引先の数が多くなると請求や入金の方法も多様になり、処理の手間が増大します。Plaza-i販売管理では複合業態の業務を統合して扱うことができます。通常の物販以外にも役務サービスの売上・請求処理が可能。ECサイトからの注文データから受注伝票を自動作成するなど、オンライン取引も管理できます。また、締め請求、手形、前受請求、都度請求などに対応しているので、請求や入金を処理する担当者の労力を軽減できます。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書