販売ソフト「商奉行」について

概要

商奉行とは、売上や取引管理・受注情報の整理・請求書や各種見積もり発行などができる販売管理ソフトです。たんに売上や仕入れに関する販売情報を管理するだけではなく、入力にミスがないかチェックしてくれる機能や、エクセルと連携した集計機能など、日々の業務で役立つ機能が利用できるのが特徴です。また営業活動に必要不可欠となる受注や売上集計情報は誰でも閲覧・活用ができるので、日々の営業方針の改善にも非常に役立ちます。

特徴

業務に合わせた運用が可能

商奉行では、企業ですでに確率している業務内容にプログラムを変更しながら運用することができます。たとえば取引単価では、それぞれの取引先に応じた単価に設定して管理できます。請求書の発行では、仮発行・再発行・ロック機能など多彩な機能が搭載されており、必要に応じて選択することができます。取引先の金額に応じて資金回収予定を自動で管理してくれる機能もありますから、回収漏れを防ぐことにも役立ちます。さらに資金を回収すると自動で入金伝票まで入力してくれるので便利です。分析が重要となる業種では、分析に便利な管理資料を活用するのがおすすめです。地域別・業種別・部門別など、それぞれの項目別で集計を設定することができるので、さまざまな角度から分析することが可能です。

税改正などの変化にも無料で対応してくれる

税改正が行われるとき、ソフトを導入せずに手動で対応しようとすると、税改正がどのような内容なのかを自分で調べて対処しなければなりません。高度な知識が必要となりますから、一般の人ではとても難しいでしょう。商奉行では、そのような労力は一切必要ありません。消費税の税率変更にも自動で対応しており、無料で利用することができます。ソフトを利用している限りは自動で対応してくれるので、とても便利です。税改正以外にも、アップデートによる最新プログラムの維持・OSのサポート終了による最新プログラムの提供なども自動でサポートしてくれますから、安心して商奉行を使い続けることができます。

奉行シリーズとの連携

商奉行では、他の奉行シリーズとの連携ができます。下記のソフトを商奉行と連携させることによってデータの正確性が増して、ミスを減らすことができます。また管理の幅も広がるので業務をより効率化させることもできます。

・仕訳ができる「勘定奉行」
・法人税などの申告書を作成してくれる「申告奉行」
・人事労務を管理してくれる「人事奉行」「給与奉行」
・販売管理が得意な「蔵奉行」

価格

商奉行の価格は、自社環境にて運用されるときの価格となります。もしも製品購入前に何かしらの疑問があるようなら、「お客様専用ダイヤル」にて専任のスタッフに相談することができます。また無料体験も用意されていますので、本製品を購入前に試してみるのもおすすめです。

商奉行10 スタンドアロン

PC1台で利用するスタンダードモデル。企業の成長に応じて、商奉行10 NETWORK Editionにアップグレードすることも可能です。

製品価格 220,000円(税抜き)
会社情報管理可能領域数 最大9,999件
商品登録件数 無制限
OS Windows10、8.1、7

商奉行10 NETWORK Edition

ちらはネットワークを使用することで複数台のPCで利用が可能となる製品です。各遠隔地の拠点からデータの同時入力や一括処理などが可能になり、業務の負荷分散やデータの一元化を図れます。基本的な内容はスタンドアロン版と同じです。同時利用者数は10名までとなります。

for Windows

3ライセンス 970,000円~(税抜き)
5ライセンス 1,190,000
10ライセンス 1,520,000
20ライセンス 2,180,000

for Windows with SQL Server

3ライセンス 1,150,000円~(税抜き)
5ライセンス 1,440,000
10ライセンス 1,920,000
20ライセンス 2,980,000

どういう業種に便利か?

卸売業

卸売業では、受発注や直送業務のスピードや正確さが重視されます。商奉行では受発注の処理はもちろんのことメーカー直送処理にも対応していますので、業務の効率化を図ることができます。また単価設定が取引先によって細かに設定できるので、煩雑な処理も必要ありません。とくにおすすめの機能は、エクセルを使用したレポート機能です。管理資料をエクセルに出力できるので、より詳しく分析したエクセルデータも作成できるのです。

製造業

製造業では、材料の仕入れや売上などが膨大でどうしても処理に手間がかかります。商奉行では、材料仕入れから売上まで一括して管理することができます。また倉庫別の在庫管理までできるので、細かな在庫管理が実現します。なによりも売掛金が回収されるまできちんと管理してくれるので、売上回収漏れを防ぐことができます。

商社

商社では、案件別に受発注や請求などを管理しなければならないケースが多く、手作業で管理しようとすると時間や労力がとてもかかってしまいます。商奉行なら、案件別に収支管理をしたり受注残一覧表を作成することができます。請求書も案件ごとに発行できますので、手間がかかりません。しっかりと売上が回収されるまで管理してくれますから、案件別の収支を正確に管理できるのも、商奉行の魅力です。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書