販売管理ソフト「アラジンオフィス」について

概要

アラジンオフィスとは、「販売管理」「在庫管理」「生産管理」を使用できる販売管理ソフトです。受注から販売業務までの一連の流れを管理することができるので、今まで別々で管理していた企業ならこのソフトを導入することによって、業務の削減や一連の流れを見た管理・分析が可能となります。
5,000社以上を取り扱ってきた実績を活かし、食品・医療・製造業などの業種別に特化したオーダーパッケージが可能です。そのため企業の業種に合わせてソフトを活用できるので非常に便利なソフトとなっています。

特徴

柔軟性、高機能、低コストに特化

アラジンオフィスでは、「柔軟性」「高機能」「低コスト」にこだわっています。もともとはカスタマイズを前提として作られているソフトであるため、企業の業態に合わせたシステムが作りやすい点で「柔軟性」があります。さらに自社で全て開発・管理・保守を行っているために、どんな希望でも通りやすいのも特徴です。販売業務に必要な機能以外にも、「販売・勾配分析」「買掛・売掛管理」といった機能も充実している面で、アラジンオフィスは「高機能」です。このソフト1つさえあれば、ほとんどすべての管理業務を代行してくれます。ここまで高機能の販売管理ソフトは価格が上がってしまうのがネックとなりますが、アラジンオフィスでは大手向けのERPパッケージよりも「低コスト」を目指しています。

ネットとリアルの両面から支援「CROSS-OVERソリューション」

アラジンオフィスには「CROSS-OVERソリューション」という独自のシステムがあります。アラジンオフィス以外の管理ソフトを駆使し、専門のコンシューマーがWEBとリアルの両面から支援してもらえることにより、ビジネスの改善・改革に役立つものです。使用する管理ソフトは、BtoB対策で使える「EC/WEB受発注システム」や、複数のネットショップを一言して管理できるASP・面倒なポイントや顧客情報も管理してくれる一元管理APS・営業支援や販売力の強化ソフトなどがあります。

充実したサポート&サービス

アラジンオフィスでは徹底したサポートとサービスを心がけており、リピード率が98%を超えるほど定評があります。ソフト導入前から担当者と入念な打ち合わせがあり、設計完了してから運用開始するときには、運用テストや打ち合わせを何度も行います。そしてソフトが実際に稼動してからもアフターサポートを実践しており、コールセンターの応答率は98%を超えます。また窓口が一本化されているため、トラブルが起きてもすぐに連絡がとれる安心感もあります。なによりも保守作業がすべて自社で行われているため、他の管理ソフトと比較しても迅速な対応が可能となっています。

価格

アラジンオフィスの価格は、非公開となっています。初期費用や月額料金などは使用する企業によって異なるので、詳しくはアラジンオフィスに問い合わせする必要があります。

どういう業種に便利か?

アラジンオフィスはあらゆる業種に対応しているため、どのような企業でも柔軟に対応してもらえるでしょう。ここでは、アラジンオフィスがとくに得意としている業種3つを例に挙げて紹介します。

小売、EC系

販売や在庫を管理してくれるアラジンオフィスは、小売業にとてもマッチしています。そのほかにも、ポイントの連動や販促活動ができるシステム・ネットショップ運営に関係するシステムもありますので、必要に応じた機能を使い分けることが可能です。WEBとリアルの両面から徹底的に管理してほしい小売業・EC系には非常に役立ちます。

製造、加工系

原価計算や粗利の管理は、人の手で行うと膨大な作業となってしまいます。アラジンオフィスではそのような計算・管理も自動で行ってくれます。案件単位の管理や個別原価の把握が可能なので、業務の改善に役立ちます。さらに「工程・進捗管理」「トレース管理」「部品表取り込み機能」も充実しておりますので、工程過程のミスや管理不足を解消させることも可能です。

レンタル、リース系

レンタル・リース業種にとっては、日々の販売管理や在庫管理はもちろんのこと、貸出状況の管理や顧客データ管理・粗利計算など、その管理業務は多岐にわたります。アラジンオフィスではそれら全てに対応。必要不可欠な機能に加えて、自社の運営スタイルに合わせたカスタマイズも可能となっています。たとえ導入前にリース期間が未確定だとしても対応してくれる柔軟性も特徴です。操作も簡単で、通常販売とレンタル・リースの受発注が一つの画面で行えるので、非常に便利です。


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2021年2月28日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書