SEO対策・アクセスアップサービス比較!導入するメリット・デメリット、選び方まで徹底解説!

SEO対策 アクセスアップサービス

SEO対策とは?

webメディアやブログを運営するうえで欠かせないのが「SEO」です。
SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」と呼ばれています。
具体的には、自社のコンテンツを検索エンジン(Google、Yahooなど)で上位表示させるための様々な施策のことで、主に「内部施策」と「外部施策」の2つに分けられます。

内部施策

  • ユーザーにとって分かりやすい文章やデザインにする
  • 検索エンジンにコンテンツをインデックスさせる

外部施策

  • 他のサイトに評価してもらう
  • SNSを活用する

どちらの施策も自身のコンテンツを上位表示させ、検索流入を増やし、販売する商品やサービスへコンバージョンさせる、メディアを広く認知してもらう、といったことが目的です。

SEO対策のメリット

では、SEO対策を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか?
具体的なメリットをご紹介していきます。

アクセスがアップする

SEO対策を行い、コンテンツが検索上位に表示されれば、あなたのサイトのアクセス数が急激にアップします。

アクセスがアップすれば、より多くの人があなたのメディアやブログを訪れます。
結果、メディア内で販売している商品やサービスが売れる確率が高くなります。

また、検索流入から入ってくるユーザーというのは、該当キーワードに興味があるから検索しているため、CVに直接つながる、質の高いユーザーの可能性が高いです。
そのため、売上に直結するSEO対策は、メディア運営には欠かせない要素の1つなのです。

広告費を抑えることができる

メリットの2つ目は「広告費を抑えることができる」です。
web集客を行うための施策は、SEO以外にもあります。

例えば「リスティング広告」などです。
リスティング広告を利用すれば、検索キーワードに連動して、検索結果のトップ部分に常に広告を表示させることができます。
また、すぐに検索トップに広告を表示できるため、SEO対策と比較すると、web集客に時間がかかりません。
しかし、リスティング広告を表示させるには費用がかかります。
さらに、リスティング広告から流入するユーザーの割合は20%、対して自然検索からの流入割合は80%となっています。
そのため、SEO対策された検索上位コンテンツよりも多くの流入を狙うのであれば、費用を払い続け、トップにリスティング広告を表示させなければなりません。
SEO対策に深い知識があれば十分に集客可能なので、リスティング広告に費用をかける必要はなくなります。

中期〜長期間ユーザーの流入が見込める

3つのメリットは「中期〜長期間ユーザーの流入が見込める」ことです。

前述した通り、リスティング広告は費用をかけなければ、ユーザーの流入はストップしてしまいます。
しかし、SEO対策でコンテンツを上位表示できれば、ユーザーニーズの変化や、競合他社がより良いコンテンツを作成しない限り、中期から長期の検索流入が狙えます。
では、自社にSEO対策の知識がなかった場合はどうすればいいのでしょうか?
その場合は、SEO対策サービス会社に外注するのがおすすめです。

SEO対策サービスとは?

SEO対策サービスとは、その名の通り、SEO対策を行ってくれるサービスのことです。
このサービスを利用することで、自社にSEOに関する知識やノウハウがなくても、コンテンツの上位表示が狙えるでしょう。

SEO対策サービスのメリット

それでは、SEO対策サービスのメリットをご紹介していきます。

時間を削減できる

SEO対策サービスを利用する1つ目のメリットは「時間を削減できる」です。
SEO対策を行いコンテンツを上位表示させるには、ある程度の時間がかかります。
また、評価されるくらい良いコンテンツを制作するための研究時間も必要です。
そのため、自社で1からすべて行うとなると、莫大なリソースを要することになります。

そこで、SEO対策サービスを利用するのです。
SEO対策サービスを提供している会社は、すでにSEOに関する深い知識やノウハウを持っています。そのため、自社メディアのコンテンツを上位表示させるための適切な施策をすぐに行ってくれます。
その結果、自社にかかる時間や手間を削減することができるのです。

蓄積されたノウハウを活用できる

SEO対策サービスを利用する2つ目のメリットは「蓄積されたノウハウを活用できる」です。

前述した通りSEO対策サービスを提供する会社は、長年の経験から、SEOに関する深い知識や莫大なノウハウを蓄積しています。

例えば以下のような知識です。

  • SEOを意識したコンテンツデザインの仕方
  • SEOを意識したライティングの仕方
  • ユーザーに寄り添ったコンテンツ作成の仕方

このような情報やノウハウは、一朝一夕で蓄積できるものではありません。
SEO対策サービスを利用すれば、これらの莫大なSEOノウハウを活用可能なのです。

最新情報を仕入れることができる

SEO対策サービスを利用する3つ目のメリットは「最新情報を仕入れることができる」です。

検索エンジンの最大手である「Google」は、常にユーザーにとってより良いコンテンツを提供するため、定期的にアップデートを行っています。
このアップデートによって、今まで検索上位にあった記事の順位が落ちてしまうことも多々あります。
そのため、アップデート情報を把握してコンテンツ作成することが重要です。
SEO対策サービスの会社は、アップデートに対して常にアンテナを張っています。
そのため、アップデートに関する最新情報を仕入れることができます。

SEO対策サービスのデメリット

では、SEO対策サービスを利用するデメリットをご紹介していきます。

費用がかかる

SEO対策サービスを利用するデメリットの1つ目は「費用がかかる」ことです。
当然ながら、SEO対策を会社に依頼すれば費用がかかります。

また、「依頼すれば絶対に検索順位が上がる」というわけでもありません。

SEOのアルゴリズムはGoogle社員ですら分かっていないため、費用だけ払って検索順位が上がらず無駄金になってしまった、というケースも少なからずあるようです。

オリジナリティがない

SEO対策サービスを利用するデメリットの2つ目は「オリジナリティがない」ことです。
会社独自のオリジナリティのあるコンテンツを提供するには『一次情報』が必要不可欠です。
一次情報とは、企業がこれまでの経験で得てきたノウハウや知見、専門性のある情報のことで、他社にはない強みのことです。
この一次情報を絡めたコンテンツをオウンドメディア内で提供できれば、そのサイトはオリジナリティ溢れたものになります。

しかしSEO対策サービスは、webメディアに関して言えば専門的な知識を持っている一方、実際にオウンドメディアを運用する会社の事業内容や製品、サービスに対する深い理解はありません。
また、企業の雰囲気や特徴などにも知識がないので、独自性溢れるwebコンテンツを制作するのは難しいと言えます。

会社にデータが蓄積されない

SEO対策サービスを利用するデメリットの3つ目は「会社にデータが蓄積されない」ことです。
当然ですが、webサイトのデザイン、コンテンツの作成、データ解析まで依頼してしまう場合は、自社にノウハウやデータが蓄積されません。
もし今後自社だけでオウンドメディアを運用する予定があるのならば、ノウハウがたまらないことは会社にとって大きなデメリットになりますよね。
その場合コンサルなどを雇って、メディア運営に特化した社員を育成するのがベストです。

SEO対策サービスの選び方ポイント

ここでは、数あるSEO対策サービスの中から、ベストな会社を選ぶポイントについてご説明していきます。

実績の有無

ポイントの1つ目は『企業の実績』を知ることです。
初めてのSEO対策は、少し費用がかかっても実績のある会社に任せるのが無難です。
実績・成果のある企業はノウハウやデータが蓄積されている何よりの証拠になります。
そのため、必ず会社のHP内の『実績欄』や『導入事例』を確認するようにしましょう。

「すぐ検索順位が上がる」は信じない

ポイント2つ目は「すぐ検索順位が上がる」と謳っている会社は避ける、ということです。
SEOの検索アルゴリズムはGoogleのみぞ知ります。

つまり、どれだけ良いコンテンツを作っても、上位表示されるかどうかは分かりません。
にも関わらず「弊社に任せれば検索順位をすぐに上げます!」と謳っている会社は、ただただ仕事を獲りたいがために言っているのでしょう。
良い会社ほど先に「検索順位が上がるのは時間がかかる、上位表示されるかは分からない」と言ってくれるはずです。

おすすめのSEO対策・アクセスアップサービスを比較

それでは、おすすめのSEO対策サービス会社をご紹介していきます。

ジオコード


SEO、リスティング、Webサイト制作まで幅広くカバー「ジオコード」

サービスの特徴

ジオコードは2005年に設立され、webサイト制作からSEO対策までカバーしています。
そのため、1つ1つ外注先を分ける必要がありません。

費用

SEO対策コンサルティング:15万円
コンテンツコンサルティング・作成代行:5万円〜
UI/UX改善コンサルティング:15万円〜
サイト修正指示・作業代行:5万円〜

webサイト

https://www.gc-seo.jp/

サイバーエージェント


インターネット広告最大手なら「サイバーエージェント」

サービスの特徴

サイバーエージェントは創業20年以上で実績が豊富です。ある程度の費用をかけ、しっかりとメディアを改善したい方におすすめとなっています。

費用

※費用は直接お問い合わせください。

webサイト

https://www.cyberagent.co.jp/

アイレップ

アイレップ
技術力に定評がある「アイレップ」

サービスの特徴

広告代理事業・ソリューション事業・ツール事業など幅広い事業を行っており、SEO対策のみならず、メディアごとに最適な提案を行ってくれます。

費用

※費用は直接お問い合わせください。

webサイト

https://www.irep.co.jp/service/communication/full-funnel/acquisition/seo/

アユダンテ

アユダンテ
手厚いサポートならここ!「アユダンテ」

サービスの特徴

コンサルティングメインのサービスを提供しており、担当者が1社1社に手厚いサービスを行ってくれます。
またSEO対策に必須のGAやGTMといった解説ツールの導入/分析サポートが充実しているのが特徴です。

費用

【例】検索ニーズ調査、構成案作成、ライティング・編集、効果:160万円~(20記事、ライティング無し)

webサイト

https://ayudante.jp/

アイオイクス


実績で選ぶならここ!「アイオイクス 」

サービスの特徴

アイオイクス は2002年に創業されたデジタルマーケティングサービスの老舗で、今までに1000以上のメディア運営に関わった実績があるのが特徴です。

費用

※費用は直接お問い合わせください。

webサイト

https://www.seojapan.com/





次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年6月14日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書