徹底解説!アンケート代行・委託サービスのメリットとデメリット、選び方やおすすめの会社を比較、ご紹介!

「お店を立ち上げたが集客方法がわからない」
「実際にお客さんの生の声を聞いて商品やサービスを改善したい」

店舗経営をしてると大抵このような壁に当たります。
そこで、市場調査でお客様の生の声を聞き、ユーザーファーストの商品が開発できれば、会社の売上の増加が見込めるかもしれませんよね。

「でも市場調査ってすごく時間がかかるんでしょ?」
「市場調査の費用対効果が見込めないかも」
と一歩踏み出せない企業さんも数多くいらっしゃるかと思います。

そんな時、アンケート代行・委託サービスを利用すれば、簡単で安価に市場調査ができるのをご存知でしょうか?
アンケート代行・委託サービスは【インターネットリサーチ】とも呼ばれ、今やマーケティングにはなくてはならない存在です。
この記事ではそんな【アンケート代行・委託サービス】について以下の通り徹底解説していきます。

  • アンケート代行・委託サービスとは?
  • アンケート代行・委託サービスを利用するメリット・デメリット
  • アンケート代行・委託サービスを選ぶポイント
  • おすすめのアンケート代行・委託サービス

「アンケート代行・委託サービスを利用して市場調査をしたい!」
とお考えの企業さんはぜひご一読ください。

アンケート代行・委託サービスとは?

アンケート代行・委託サービスは「インターネットリサーチ」とも呼ばれ、現在マーケティング(市場調査)には必要不可欠なものです。
そもそも従来の市場調査は郵送や直接訪問などオフラインで行っていました。
しかし、現在は「オンライン」でアンケートを取り消費者の意見を調査するのが主流になっています。
具体的なアンケート方法としては、アンケート代行・委託サービス会社が前もって募集をかけた「モニター」や「パネル」と呼ばれる実際の消費者にアンケートを配信し、それにインターネット上で回答してもらう、というものになっています。

アンケート代行・委託サービスを利用するメリット3つ

では、アンケート代行・委託サービスを利用することで実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

全て任せることができる

アンケート代行・委託サービスを活用すれば、アンケート調査に必要な煩わしい工程を全て依頼業者が行ってくれます。
具体的には、自社でアンケートを作成し、モニター(消費者)を集めアンケートを配信し、回答を集計する、といった工数のかかる作業を全て任せることができます。
さらにアンケート代行・委託業者は、アンケート作成の仕方やモニターの集め方についてのノウハウを持っているので、自社で1から行うより圧倒的にコスパが良いのです。

効率的に消費者の意見を集めることができる

アンケート代行・委託サービスを活用すれば効率的に消費者の意見を集めることができます。
というのもアンケート代行・委託サービスを運営している会社は、既に大量のモニター(消費者)が登録しています。
そして老若男女問わず幅広い世代のモニター(消費者)が登録しているので、様々な意見を効率的に集計することが可能です。

専門的な分析を得ることができる

アンケート代行・委託サービスを活用すれば、専門家の分析による考察を得ることもできます。
例えば、実際にターゲットとしている層がどんな行動をしているのか、どこに不満ポイントがあり、改善点がどの部分にあるのか、など今後の商品のマーケティング活動につながる情報をフィードバックしてくれる場合もあります。

アンケート代行・委託サービスを利用するデメリット3つ

もちろんアンケート代行・委託サービスはメリットだらけではありません。
デメリットも考慮した上で自社にとって必要であれば活用するようにしましょう。

費用がかかる

アンケート代行・委託サービスのデメリットの1つ目として「費用」がかかることです。
相場は条件やサンプル数によって変動しますが、そこそこ大規模なアンケートを行う場合は10万〜50万ほどかかります。
しかし、自社で全て用意するのと比較すればアンケート代行・委託サービスの会社に依頼した方が安価で行えるのは確かです。
もちろん、自社でネットアンケートのノウハウがあるのであればアンケート代行・委託サービスに依頼する必要はありません。

求めていた結果が得られない可能性がある

アンケート代行・委託サービスに依頼しても求めていた結果が得られない場合があります。
しかしその場合、依頼の仕方に問題があることがほとんどです。
なぜなら、商品やサービスの特徴は会社や店舗ごとに異なります。
例えば「化粧品」のアンケート調査を行うとしたらターゲットは【外見に気を遣っている若い女性」となりますよね。
しかし依頼する際に条件を「男性も可」としてしまうと、求めている結果が得られないのは当然ですよね。
なので、商品やサービスの内容に見合ったターゲットや年齢層などを把握し、依頼をかけることが重要なポイントになります。

信頼性のある回答が得られない場合もある

アンケート代行・委託サービスの3つ目のデメリットとしては「回答が全て信頼性があるとは限らない」ことです。
これは通常のアンケートにも言えますが、虚偽の回答、もしくは適当に回答する人が一定数いるのは事実です。
特にインターネットで行うアンケートの場合、誰でも手軽に始められることから、お小遣い稼ぎ目的でアンケートを行う方がいるのも事実です。
しかし最近ではそのような虚偽の回答がないよう、アンケート代行・委託サービス会社も工夫を凝らしているようです。

アンケート代行・委託サービスを選ぶポイント3つ

「アンケート代行・委託サービスのメリット・デメリットは分かった」
「でも具体的に何を基準に会社を選べば良いの?」
と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

ここでは、実際にアンケート代行・委託会社を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

ポイント①サービス内容

アンケート代行・委託サービスを選ぶ際、意識したいポイントは会社の「サービス内容」です。
なぜなら会社によってカバーしているサービス内容が異なるからです。

  • アンケート票の作成から実施まで
  • 集計や分析のみ
  • 作成、実施、集計、分析全て

このように、各アンケート会社によって提供しているサービスが違うので、自分の会社や店舗ではどこまでのサービスが必要なのか、まずは確認する必要があります。

ポイント②得意な調査分野

2つ目に意識したいポイントは「得意な調査分野」です。
なぜなら会社によって抱えているモニター(消費者)の年齢層や職業などが異なるからです。
化粧品などの女性向け商品のアンケートを実施したい場合、当然ながら女性モニターの多い会社を選ぶはずです。
なので、自社の商品やサービスのターゲット層を多く抱えている会社を選ぶようにしましょう!

ポイント③回答結果の質

3つ目に意識したいポイントは「回答結果の質」です。
先ほど【デメリット】の部分で申し上げましたが、アンケートでは虚偽の回答をする方も一定数います。
抱えているモニターの人数は多くても、質が悪ければ本末転倒ですよね。
なのでアンケート代行・委託会社を選ぶ際は「モニターの登録数」「モニターの集め方」「モニターの層」「重複登録者の有無」「信頼性のない回答をするモニター対策の有無」などを事前にリサーチするようにしましょう。

おすすめのアンケート代行・委託サービス

では実際にどのアンケート代行・委託サービスがおすすめなのか、具体的な会社名を出してご紹介していきます!

マクロミル

 
マクロミル

特徴

インターネットリサーチの最大手と言えばここ!「マクロミル」
マクロミルはアンケート配信後、最短24時間でデータを納品してくれます。
また、モニター(消費者)の数も1000万人以上いるので、会社や店舗のターゲット層に応じたデータが収集可能です。

料金

5問・100サンプル=70,000円~

Webサイト

https://www.macromill.com

クロス・マーケティング

特徴

オーダーメイドのネットリサーチがしたいならここ!「クロス・マーケティング」
クロスマーケティングはモニター数こそマクロミルより多くありませんが、自動車保有モニター、化粧品モニターなど、モニターの種類をかなり絞ることができます。

料金

10問まで・100サンプル=100,000円~

Webサイト

https://www.cross-m.co.jp

ジャストシステム

特徴

価格を抑えたいならここ!ジャストシステム!
ジャストシステムはローコストでセルフ型リサーチを行うのが特徴です。
また調査スピードも早くほとんど即日に調査完了してくれます。

料金

1問・1サンプル=10円
ミニマムチャージ=10,000円(10問・100サンプルなど)

Webサイト

https://www.fast-ask.com/

インテージ

特徴

信頼性のある覆面調査ならここ!インテージ!
インテージは大規模な小売店モニターを組織し、購買履歴や販売履歴調査に強みを持っています。
また、悪質な回答が出ないよう、モニターの品質を常にチェックしております。

料金

要お問い合わせ

Webサイト

https://www.intage.co.jp

Research+(リサーチプラス)

特徴

幅広いモニターのデータを集めるならここ!Research+(リサーチプラス)!
リサーチプラスの特徴としてネット世代の若いモニターだけでなく幅広い世代のデータを収集することができます。
また、疾患のある患者、医療従事者、自動車保有者、不動産保守者などの特殊モニターも用意しています。

料金

設問数5、回収サンプル数100=10,000円

Webサイト

http://www.research-plus.net


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書