ネットショップ運営代行とは?サービスのメリットとデメリットを紹介

online-shop-management-agency

ネットショップ運営代行とは

ネットショップ運営代行とは、ネットショッピングのできるサイト、通販サイトやECサイトとも呼ばれるWebサイトの運営を代わりに行ってくれるサービスのことを言います。例えばネットショップを構築するには、まずドメインやサーバーを準備し、そこにファイルを置き、ショッピングができる状態となったシステムを構築しなければなりません。今日では簡単にこの構築ができWebサイトを立ち上げられるようになっています。しかしネットショップの運営を続け、実際に売り上げを継続的に上げていくには、ドメインやサーバーの管理、システムの保守等の作業も必ず行わなければなりません。もちろんこれだけではありません。ショップですので物を売らなければなりません。マーケティングを行い、どうすれば人が集まり、物を買っていってくれるのか戦略を立て、実行する必要があります。ネットショップの運営にはこうした一連の業務が必須ですが、小規模の会社や、ネットショップの運営に割くことができる人員に限りがある場合にはすべてを自社内で完結することができないこともあるでしょう。ネットショップ運営代行業者は、こうした悩みを解決するため、運営にかかる作業を代わりに行ってくれるのです。ただしサービス内容は様々で、ページ制作の段階から依頼できるケースもあれば、受注管理、物販についてサポートしてくれるケースなどもあります。また楽天やAmazonなどのモール型と呼ばれるショップに特化した業者もいます。



BASE

ネットショップ運営代行を利用するメリット

ノウハウがなくても売り上げを向上させられる

必ず、というわけではありませんが、ネットショップ運営代行を利用すれば売り上げを向上させやすくなります。これは、ネットショップの運営に特化してサービスを提供し続けてきたことによるノウハウの蓄積があるからです。自社にはない専門知識を活用できるというメリットが得られます。

運営の効率化

ネットショップ運営のすべてを自社で行う必要がなくなるため、かかる作業時間を削減することができます。さらに、依頼する作業部分は依頼先の強みとしている箇所であったり、ノウハウがなく自社にとって弱みとなっていた箇所であったりします。そのためメリットを最大限活かし、弱点を補うことができるようになるため、全体としてネットショップの運営効率が向上します。制作や管理のような工数負担の大きい作業を依頼できれば、自社内のWeb担当者は企画やマーケティング施策など売上に関する業務に専念することもできるでしょう。また商品撮影やイラスト制作など、専門性が必要な業務を任せることができるのもメリットです。運営代行業者とうまくマッチすれば、効率的に業務に取り組めるようになり、結果的に運営コストも下がってきます。

人材育成のコストを下げられる

自社でノウハウを持っていなくても効果的なネットショップ運営が可能になるため、社内の人材に対し特別な育成をする必要がなく、その分のコストを下げられます。ただし代行を依頼する場合でも、自社にノウハウを蓄積したいというケースではセミナー等を通して育成を要する場合もあります。この必要性がないのであれば、育成コストを大幅に下げられるというメリットが得られるでしょう。

ネットショップ運営代行を利用するデメリット

運営体制の変更が難しい

いったんネットショップの運営を任しておいて後々自社ですべてをこなせるようにしていく、と構想立てている場合には注意が必要です。事前に予定を立て、計画的に運営代行を依頼しなければ、体制を変えるのが困難になるケースがあります。一般的には、代行業者に多くの業務を任せている場合やサイトの規模が非常に大きい、もしくは売り上げ規模が大きいほど切り替えに対するハードルが高くなると考えられています。体制の切り替えに対しコストがかかってしまうことも珍しくありません。そのため、将来的にサイトをどのような運営をしていきたいのか、事前に考えた上で代行を頼み、その依頼部分についても考慮する必要があります。

自社にはノウハウが蓄積されない

運営代行のメリットとして、自社でノウハウを持っていなくても売り上げ向上が狙えるということを説明しました。しかし自社運営に切り替えたいと考えている場合には、ネットショップに対する専門知識を蓄えていく必要があり、ノウハウを持たなくてはなりません。
一方でかかる業務を全般的に依頼している場合、他社のノウハウが活用できる代わりに自社には蓄積されません。そのため自社でも運営できるようにしたいと考える場合には、コンサルやネットショップの手法を教えてくれるような業者やサービスを利用する必要があるでしょう。

ネットショップ運営代行業者を比較するポイント

対応可能範囲

ネットショップの運営に必要な業務は幅広くあります。戦略立案から集客運用、ページ制作、商品管理および受発注の管理、顧客対応など、書ききれないほどです。自社で実施できそうな範囲や業者が対応可能な範囲を確認し、何を任せられるのか比較していきます。その際、どの業務に特に重点をおいて成果を上げたいのかに着目し、業者の強みと自社の弱みとがマッチするように選定するといいでしょう。

料金体系

上手くサービスを活用できれば売り上げを伸ばすことができるでしょう。しかし依頼にかかる料金は決して無視できません。費用対効果を考慮し、見合ったコスト内で依頼する必要があるでしょう。代行業者によって料金プランは異なります。特に、成果報酬型・固定報酬型の大きく2つに料金体系は分けられますので、どちらのタイプでコストがかかるのか調べておき、比較検討していくことが大切です。成果報酬型は売り上げに応じて変動するタイプ、固定報酬型は売り上げに関係なく常に固定で支払うタイプになります。また、固定報酬と成果報酬を組み合わせたタイプもあります。明確に金額を提示していないケースも多くありますので、見積もりをいくつか行う必要があるでしょう。

おすすめのネットショップ運営代行業者

株式会社いつも

株式会社いつも

特徴

「株式会社いつも.」は、ネット通販やECサイトのコンサルを行っている会社です。運営代行からサイト構築、広告運用等の支援も行い、これまで9000社超の実績を持っています。EC経営セミナーも多く開催しており、ネット通販の運営を初めて行うWeb担当者でも取り組みやすい施策を用意しています。

料金

要お問い合わせ

Webサイト

https://itsumo365.co.jp/

株式会社ECホールディングス

株式会社ECホールディングス

特徴

「株式会社ECホールディングス」は、ECサイトに特化した運営代行サービスを行っています。創業以来13年間ECサイトの運営代行に一貫しており、取引社数500も超え、売り上げアップに繋がるノウハウが蓄積されています。また大手から中小企業まで、長期間に渡る契約継続率も高く、クライアントにも信頼された代行業者であると言えます。サイトのデザインや制作など、専門的なスキルが必要な業務を部分的に依頼することも可能ですので、自社にデザイナーやエンジニアなどの人材がいない場合でも安心して依頼することができるでしょう。

料金

月額固定プラン:月額20万円~
※最低契約期間は6ヶ月~
成果報酬プラン:月額固定費+成果報酬 合計100万~
※最低契約期間1年間~
※固定費は業務範囲・業務内容により個別に見積り。

Webサイト

https://www.echoldings.co.jp/management-agency/

ECサポートPRO

ECサポートPRO

特徴

「ECサポートPRO」はネットショップ運営代行サービスを行っています。One to Oneサービスにより、運営代行を依頼する会社に合わせた最適なプランを提案してくれます。そのために各会社に担当Webディレクターが1名付き、サポートしてくれます。担当ディレクターが現状報告やスケジュール管理、数値分析等を行い、サイトの制作やデザイン等に関しては制作チームが対応することになります。

料金

要お問い合わせ

Webサイト

https://www.brangista.com/ec_supportpro/

サヴァリ株式会社

サヴァリ株式会社

特徴

「サヴァリ株式会社」は、ネットショップの広告分析に強みを持ったサイト運営代行会社です。最適な広告分析により、自社で販売する商品に合った広告選びを依頼することができます。特にモール運用には強みを持っており、上の広告運用に加えSEO、商品開発、テスト販売など総合的にサポートをしてくれます。また「制作」「集客」「CRM」などに特化したプランが提供されていること、サービス内容をオーダーメイドすることができるなどの特徴も持っています。

料金

要お問い合わせ

Webサイト

https://savari.jp/

Hameeコンサルティング株式会社

Hameeコンサルティング株式会社

特徴

「Hameeコンサルティング株式会社」は、多くのデータやノウハウに基づいたECコンサル・運営代行サービスを提供しています。高品質なECコンサルサービスを売りにしており、適切な運営方法がわからず売上が伸び悩んでいる会社、運営のための手が足りていない会社などにはおすすめです。自社サイトや楽天、ヤフーショッピング、Amazonなど幅広く対応可能、カテゴリもファッションや食品、コスメ、ホビー等様々なジャンルで実績を持っています。

料金

月2.5万円~
※1か月間無料でECコンサルティングお試し可能

Webサイト

https://hamee-consulting.co.jp/about/

株式会社ワンプルーフ

株式会社ワンプルーフ

特徴

「株式会社ワンプルーフ」は、売上・利益を作ることに重きを置いたEC運営代行サービスを展開しており、ECコンサルティングに加えECサイト運営に必要なEC実務作業を一貫して行っています。売上・利益を成長させるため、どういった施策が利益に貢献するか、優先度や重要度を考えるところから実際にEC実務作業までを代行してくれます。会社の規模が小さく、EC担当者がいなくなってしまった会社やモールにおける広告管理を含めすべて委託したい会社、今後販売戦略を計画的に実施していきたい会社などにはおすすめできます。

料金

要お問い合わせ

Webサイト

https://www.one-proof.co.jp/

株式会社ネットショップ総研

株式会社ネットショップ総研

特徴

「株式会社ネットショップ総研」は、ネットショップの売上向上の戦略策定に強みを持った運営代行サービスです。攻めの施策が特徴的で、受注管理や物流代行などバックヤード業務から、企画の立案や商品の価格設定など戦略面におけるノウハウの提供までを行っています。

料金

基本料金+歩合
※初期費用はなし
※商材粗利・売上を把握した上、見積りを行い料金を決定

Webサイト

http://www.netshop-soken.co.jp/


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書