賃貸オフィス・賃貸事務所を検索するのにおすすめなWebサイトを徹底比較!オフィスを借りるメリット、選ぶ際のポイントもご紹介!

賃貸オフィス

賃貸オフィス(賃貸事務所)とは?

賃貸オフィスとは、その名の通り、賃貸契約を結び自社のオフィスを保有することです。
経営者になれば誰もが憧れるであろう自社オフィス。
内装を自分好みにカスタマイズし、信頼できる部下と共に、1つの空間で仕事を作り上げていく喜びを実現できるのが自社オフィスの醍醐味ですよね。

しかし中には
「賃貸オフィスはどうやって選べばいいんだろう」
「自社に適切なオフィスの選び方が分からない」
「そもそも今の時代に賃貸オフィスを持つメリットはあるの?」
と、疑問や不安を持つ方も多いですよね。

今回はそんな方のために

  • 賃貸オフィスを持つメリット
  • 賃貸オフィスを選ぶポイント
  • 賃貸オフィスを検索するのにおすすめなWebサイト

をご紹介していきます。

「賃貸オフィス選びで困っている」という方はぜひご一読ください!

賃貸オフィス(賃貸事務所)を持つメリット

現代では、フリーランス/個人事業主の増加、リモートワーク導入企業の増加、新型コロナウイルス感染拡大による在宅ワーク推奨の流れ、という状況ですよね。

そのため「いまさら自社オフィスなんて持つ必要があるのだろうか?」と不安に思う方もいるかもしれません。しかしまだまだ、自社オフィスを保有するメリットはあります。
ここでは、賃貸契約をして自社オフィスを保有するメリットを3つご紹介していきます。

自社オフィスを持っていると信用度が高い

まず1つ目のメリットは「自社オフィスを持っていると信用度が高い」です。
在宅ワーク推奨の流れによって、自宅で仕事をする人が増えているのは事実です。

しかし、新規の顧客などと契約する場合はどうでしょうか?
また、自分が営業先に行って事務所の場所を聞かれたら?

初めて契約する顧客はこちらのことを何も知りません。
そのため、本当にしっかりとした会社なのか、調べられるはずです。
その際、自社オフィスの有無で信用度に大きな差が出ることは間違い無いでしょう。
自社オフィスを持つことは、取引先の信用を勝ち得る1つの手段なのです。

来客対応ができる

2つ目のメリットは「来客対応ができる」です。
自宅を事務所にしている場合、いくらお客さんと言えど自宅に招くのは少々気が引けますよね。
そのため来客の際、近くのカフェやレンタルスペースを用意しなければなりません。
毎回毎回カフェを探すのは手間ですし、その度に出費もかさんでしまいます。

しかし、賃貸オフィスを契約していれば、急な来客にも対応することができます。
必要に応じて応接室や会議室を用意することで、大人数の打ち合わせにも対応できます。
会議や来客が多い事業を行っている場合、賃貸オフィスを契約するメリットは大きいと言えます。

内装を自分好みにカスタマイズできる

3つ目のメリットは「内装を自分好みにカスタマイズできる」です。
賃貸オフィスを保有することで、内装やレイアウトを自分好み、もしくは会社の雰囲気にマッチするようにカスタマイズすることができます。
また、業務効率化を行うためのオフィス機器などを自由に設置できます。
オフィスの内装や雰囲気は、会社そのものを表します。
自社オフィスを保有することで、自分の仕事へのモチベーションも高まるでしょう。

賃貸オフィス(賃貸事務所)の選ぶ際のポイント

ここでは、「自社オフィスを持つメリットは分かった、でも実際の選び方が分からない」
という方のために、賃貸オフィスを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

希望の立地を考える

まず1つ目のポイントは「立地を考える」です。
駅からアクセスの良い場所を選ぶのも1つですが、一番重要なのが、「どのエリアにオフィスを構えるか」ということです。

例えば、東京の日本橋エリアには証券会社、渋谷エリアにはIT企業が密集しています。
自社がIT系のスタートアップ企業であれば、渋谷エリアにオフィスを契約するのがおすすめです。
同業他社が密集しているエリアにオフィスを借りることで、自社のビジネスに関わる会議や打ち合わせ、発注、納品、業務効率化、販路拡大などのチャンスが広がるからです。

また、特定の企業が集まっていると自然とネットワークが生まれます。
頻繁に情報交換を行うことで、ビジネスを有利に展開することができますよね。
そのため、賃貸オフィスを選ぶ際は、自社ビジネスに合ったエリアを探すようにしましょう!

希望予算を決める

2つ目のポイントは「希望予算を決める」ことです。
日本にはまだまだ、オフィスの所在で実力や信用力を決める風習が根強く残っています。
名だたる大企業がこぞって、駅前一等地にオフィスを構えていることから明らかです。

そのため、起業したばかりの経営者が戦略の1つとして、家賃の高い一等地にオフィスを契約することは、往々にして見られるケースです。

しかし、賃貸オフィスは家賃の他にも補償費・共益費・保険料、通信料などが毎月かかります。
売上がまだあまりない、創業したばかりの企業にとっては、これらの必要経費が会社の財政を圧迫してしまう原因の1つになるでしょう。
そのため、自社の財政状況に合った無理のない予算を組む必要があります。

希望の広さを決める

3つ目のポイントは「必要な広さを決める」ことです。
雇用している従業員数、今後雇用予定の従業員数、必要なOA機器などを考慮し、必要なオフィス面積を計算するようにしましょう。
特にOA機器は思っていたよりも大きい物が多く、慎重に選ぶ必要があります。
また、会議や打ち合わせ、来客が多い場合は、オフィスとは別に応接室、会議室用のスペースを借りなければいけません。

希望の設備内容を決める

4つ目のポイントは「設備内容を決める」ことです。
「駐車場は必要なのか」「電話やネット回線はどうなっているか」「空調、トイレなどの設備は綺麗か」など、絶対に譲れない会社設備を決めるようにしましょう。
特に現代の仕事では、パソコンやネット回線が必要不可欠です。
電波の入りが悪いと、それだけで作業効率が落ちてしまうことも。
駅前の新しいビルであれば概ね問題はないでしょうが、少し外れたエリアにオフィスを借りる場合は、ネット回線の速さは重要な確認項目の1つです。

実際に現地に行ってみる

最後のポイントは「実際に現地に行ってみる」ことです。
めぼしいオフィスが決まったら、その物件を扱っている不動産屋に行って、実際に案内してもらいましょう。「百聞は一見に如かず」です。

ネット上で調べたら優良物件だったけど、実際に見てみたら何かが違う、というのは通常の物件を探しているときにもよくあることです。
そのため、ニーズにマッチする物件が見つかったら、最後は自分の目で確認することが重要です。

賃貸オフィス(賃貸事務所)を検索するのにおすすめのWebサイトを比較

「賃貸オフィスを探すためのポイントは分かった、でもネット上には物件を探すサービスはたくさんあって、一体どれを選べばいいの?」
という疑問を持つ方のために、賃貸オフィスを探すのにおすすめなサービスやWebサイトをご紹介していきますね。
これらサービスを利用して、あなたの会社にマッチするオフィス物件が見つかれば幸いです。

Officee

Officee
全国のオフィス検索に特化したサイトならこの「Officee」がおすすめです。

特徴

Officeeは、全物件仲介手数料無料なので、費用を抑えつつ物件選びをしたい方にはピッタリです。
また、契約取引実数はなんと5,000社以上、専任コンサルタントもつき、希望の物件条件を考慮して選定してくれます。

北海道から福岡まで、扱うオフィス物件は全国に分布しています。

Webサイト

https://officee.jp/

オフィスナビ

オフィスナビ
オフィス物件をどこからでも内覧できる「リモート内覧サービス」を利用したいならここ「オフィスナビ」がおすすめです。

特徴

オフィスナビは、北海道から沖縄までのオフィス物件を検索できるサービスで、取扱物件数は日本でナンバーワンを誇ります。
またオフィスナビの特徴として、パソコンやスマホを利用し、どこからでもオフィスを内見できるサービス「リモート内見サービス」を提供していることです。
不要不急の外出自粛要請の状況下でも、オフィスを内覧できるのは、大きなメリットですよね。

Webサイト

https://www.office-navi.jp/

ビルサク

ビルサク
東京都のオフィス物件探しに特化したサービスならここ「ビルサク」がおすすめです。

特徴

ビルサクは、東京のオフィス賃貸物件検索に特化しているサービスです。
東京の賃貸オフィス状況を熟知するプロがコンサルにつくため、ニーズに合った物件を探し出すことができます。
また、駅近物件、SOHO向け物件、リニューアル物件、新築物件など、多種多様な賃貸オフィス物件を取り扱っているため、各企業のニーズにマッチした物件を探すことができます。

Webサイト

https://birusaku.jp/

CBRE

CBRE
オンライン会話システムで仲介手数料無料!「CBRE」

特徴

CBREは、日本全国のオフィス物件を検索することができるサービスです。
その仲介実績はなんと9万件、信頼と実績に基づいた取引を行うことができます。
またCBREオンラインという、物件を探している企業と不動産オーナーがオンライン上で直接やり取りできるサービスを展開しており、これを利用すれば仲介手数料が無料になります。

Webサイト

https://www.cbre-propertysearch.jp/

東京オフィス検索

東京オフィス検索
東京エリアに特化した仲介手数料無料を求めるなら「東京オフィス検索」です。

特徴

通常の不動産業者は自社の利益の考え、オーナーが仲介手数料を出してくれる物件のみWebサイト内に公開します。
しかし東京オフィス検索は、仲介手数料が出ない物件まで公開しているため、公開物件数が圧倒的に多いのです。
東京でのオフィス物件探し、移転をお考えなら「東京オフィス検索」をおすすめします。

Webサイト

https://of-tokyo.jp/


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書