ネットショップ売上アップのサポートを利用するメリット・デメリット、おすすめのサービスまで徹底比較!

ネットショップ 売上アップ サービス

ネットショップとは?

ネットショップとは、商品を自身で仕入れたり、制作した商品をECサイトと呼ばれるインターネット上の通販サイトや自社メディアなどで売って収益を得ることです。

例えば、代表的なネットショップ「Amazon」。
Amazonでは、日常生活で必要なモノから趣味のモノに至るまで、あらゆる商品を購入することができます。
もちろんAmazonやメルカリ以外にも、スマートフォンやパソコンを用いてモノやサービスを購入できるインターネット上のショップはすべて「ネットショップ」と呼ばれます。
インターネットの発展により、今やオンラインで買い物できるサービスは私たちの生活の中に溶け込んでいます。

ネットショップのメリット

では、ネットショップにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
1つ1つご説明していきますね。

実店舗型に比べてコストが削減できる

実店舗型の経営は「家賃」「水光熱費」「敷金礼金」などのコストがかかります。
人通りの多い場所や一等地であれば、家賃だけでも毎月かなりの支出になります。

対してネットショップ開設に必要なのは以下の2点のみです。

  • 自社サイトの開設費用
  • 自社サイトの運営維持費用

そのため、費用を抑えて開店することができます。

商圏が広い

実店舗型だと、商圏はどうしても「お店の半径◯m以内に住んでいる方」となってしまいます。

対してネットショップは、インターネットさえ通じていれば、日本中、世界中あらゆる地域に住んでいる顧客に対してアプローチすることができます。
そのため上手く集客できれば、実店舗型の経営よりも多くの売上を獲得可能です。

24時間営業できる

実店舗経営だと、従業員を雇って接客させる必要があります。
そのため開店時間、閉店時間などを定めなければなりません。

対してネットショップは、インターネット上で24時間いつでも商品を購入可能です。
顧客は好きな時間に好きな場所で買い物でき、販売側も接客をしなくていいため、双方どちらにも便利です。



BASE

ネットショップ売上アップサービスとは?

「ネットショップを始めたはいいものの売上が一向に上がらない」
中にはこういう人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、ネットショップの売上アップをサポートしてくれるサービスです。

具体的には「メディア制作」「マーケティング」「商品撮影」「カスタマーサポート」「出荷作業」など、ネットショップ運営に関わる業務の改善サポートをしてくれるサービスです。
ネットショップの売上アップサービスを利用することで、様々なメリットがあります。

ネットショップ売上アップサービスのメリット

では、ネットショップ売上アップサービスを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
1つ1つご説明していきます。

運営ノウハウを活用できる

1つ目のメリットは「運営ノウハウを活用できる」です。

中には「ネットショップを開設したけど、知識やスキルがゼロなので、どうやって売上を伸ばせばいいか分からない」という方もいるかと思います。
そこで、ネットショップ売上アップサービスを利用すれば、「サイトデザイン」「集客方法」「販売戦略」「商品の魅せ方」などの運営ノウハウを提供してくれます。
適切なノウハウを知れば、売上アップにつながるでしょう。

リソース不足を解消できる

2つ目のメリットは「リソース不足を解消できる」です。

個人や規模の小さい会社でネットショップを運営している場合、そもそも人数が足りなくて回らない!という問題が出てくるかと思います。

しかしネットショップ運営のプロに依頼すれば、販売戦略・集客・Webサイト制作・商品管理・受発注管理・カスタマサポートなど、運営に関係するすべての業務ポジションに専門性を持った人材がいるため、自社のリソース不足を解消することができます。

時間が節約できる

3つ目のメリットは「時間が節約できる」です。

ネットショップ運営は、始めから爆発的な売上を期待できるわけではありません。
前述した通り、販売戦略・集客・Webサイト制作・商品管理・受発注管理・カスタマサポートなど、付随するあらゆる業務に対して深い知識やノウハウが必要です。
ゼロから自分1人で行うのであれば、何度も失敗してPDCAを回して、、、といった作業が必要になりますよね。そこに投資する時間や手間は計り知れません。

しかし、ネットショップ売上アップサービス会社に依頼すれば、長年の経験でノウハウが蓄積されているため、始めたばかりでもある程度の売上が期待できます。

ネットショップ売上アップサービスのデメリット

では、ネットショップ売上アップサービスを利用するデメリットをご紹介していきます。

費用がかかる

1つ目のデメリットは「費用がかかる」ことです。

当然ながら、専門家に業務を依頼するには費用が必要です。
webサイト制作から集客、カスタマーサポートまですべての業務を依頼するとなると、何十万円と費用がかさむ可能性があります。
そのため、webサイト制作は自身で行い、集客面だけを依頼するなど、どこからどこまでの業務なら自分で行えるのか把握することが重要です。

自社にノウハウやデータが蓄積されない

2つ目のデメリットは「自社にノウハウやデータが蓄積されない」です。

売上アップサービスを利用すると、あなたのネットショップに売上アップのための施策を行うのは運営代行会社となります。
つまり自社にノウハウやスキルが残らない、ということです。
もし将来的に自社のみでネットショップを運営するのであれば、自社にノウハウや知識が残らないのは避けたいところです。
その場合はコンサルなどを雇い、ネットショップに直接手を加えるのは自分自身、または自社の社員、という形にしましょう。

ネットショップ売上アップサービスの選び方ポイント

それでは、ネットショップ売上アップサービス会社の選び方ポイントをご紹介します。

実績の有無

ポイントの1つ目は『企業の実績』を知ることです。

少し費用がかかっても実績のある会社に任せるのをおすすめします。
安さだけを追い求めるより、会社の質を見極めるようにしましょう!
質を見極めるためには、会社の実績・成果を確認します。
実績・成果のある企業は、ノウハウやデータが蓄積されている何よりの証拠になります。
そのため、必ず会社のHP内の『実績欄』や『導入事例』を確認するようにしましょう。

得意分野を把握する

ポイントの2つ目は『企業の得意な分野』を知ることです。

ネットショップ売上アップサービスと一口で言っても数えきれないくらいの企業があり、それぞれ得意分野が違います。集客が得意なのか、カスタマーサポートに定評があるのか、、など。

また、売りたい商品やサービスによって、サイトデザインや販売戦略、キャッチコピーの書き方なども異なってきますよね。
そのため、自社の売りたい商品やサービスのイメージにマッチしている会社をリサーチしてから依頼しないと、想像と全く違うサイトや運営の仕方になってしまう可能性があります。

サービスのカバー範囲

ポイントの3つ目は「サービスのカバー範囲」です。

前述した通り、販売戦略・集客・Webサイト制作・商品管理・受発注管理・カスタマサポートなど様々な業務に対してサービスが提供されています。

「自社ではwebサイトまで制作できるので、web集客だけを任せたい」
「知識やスキルがゼロなので、1からすべて依頼したい」
など、自社のネットショップの状況にマッチした会社を選ぶのがポイントです。

おすすめのネットショップ売上アップサービスを比較

それでは、おすすめのネットショップ売上アップサービスを比較していきます。

サヴァリ

サヴァリ
フルオーダーメイドならここ!「サヴァリ株式会社」

サービスの特徴

サヴァリ株式会社はECサイトの運営代行に特化した会社です。
SNSや動画を活用したPRなど、最新webマーケティングも提供しています。

また実績も豊富でECサイトから楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどのECモールまで幅広くカバーしています。越境EC運営にも定評があります。
さらに、フルオーダーメイドで手厚いサポートも完備します。

費用

月額20万~ + 成果報酬

webサイト

https://savari.jp

アートトレーディング

アートトレーディング
受注〜物流部分が強い!「アートトレーディング」

サービスの特徴

アートトレーディングは、受注から物流までを一元管理する「スマロジ」というシステムを自社で開発・運用しています。
スマロジはネットショップ運営を仕組み化し、業務生産性を向上させることに貢献します。

費用

初期費用:20万円~30万円
制作代行:月額 20万円~
受注代行:月額 10万円~

webサイト

https://art-trading.co.jp/

COREKARA

これから
ネット広告に強い!「COREKARA」

サービスの特徴

「COREKARA」はインターネット広告分野に強みがあるうえ、コンテンツマーケティングを取り入れたメディア集客を行います。
コンテンツをSNSなどで配信し、ネットショップへ見込み客を誘導、コンバージョンに繋がる仕組みを提供しているのが特徴です。

費用

※費用はHPから直接お問い合わせください。

webサイト

https://corekara.co.jp/

Hameeコンサルティング

Hameeコンサルティング
コスパ重視なら「Hameeコンサルティング」

サービスの特徴

こちらの会社はECコンサルティングと運営サポートがセットになった月10万円からの運営代行サービスを提供しています。
1ヶ月間の無料お試しECコンサルティングも行っているため、とりあえず試してみて、気に入ればそのまま継続、ということも可能です。

費用

月額10万円〜 (稼働時間20時間〜)

webサイト

https://hamee-consulting.co.jp/

アイテック阪急阪神(HIT-MALL)

アイテック阪急阪神(HIT-MALL)
複数のネットショップ運営ならここ「アイテック阪急阪神(HIT-MALL)」

サービスの特徴

アイテック阪急阪神(HIT-MALL)は15年以上に渡って、有名企業のネットショップ運営を代行しており、スキルやノウハウはピカイチです。

また、いくつかのネットショップを一元管理できるパッケージを用意しており、ショッピングモールのように複数のショップ運営を可能にしています。

費用

パッケージ版

BtoC パッケージ版 初期費用:280万円~ 年間保守費用:初期費用の10%
BtoB パッケージ版 初期費用:380万円~ 年間保守費用:初期費用の10%

ASP版

BtoC ASP版 初期費用:30万円~ 月額費用:16万円~
BtoB ASP版 初期費用:40万円~ 月額費用:18.2万円~

webサイト

https://www.hit-mall.jp/


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書