今がチャンス!通販業界への転職におすすめのエージェント・Webサイト5選

通販業界 転職

通販業界とは?

通販業界とはインターネットを介して「商品」や「サービス」を販売し、収益を得る、というビジネスモデルで事業を行っている業界のことを指します。

一昔前であれば、通販といえばテレビ、雑誌などで販売するのが一般的でした。

しかし現在では、インターネットの発展により、Web上で商品・サービスを購入、支払い、受け取りまですべて行うことができるようになりました。

通販業界の展望

「Amazon」や「楽天市場」、「メルカリ」などの台頭により、インターネット上で販売事業を行う「通信販売業界」が注目されています。

きっと皆さんも、1度くらいはネットで買い物をしたことはあるのではないでしょうか?

現代では、1人につき複数台のスマートフォンやパソコンを所持しているのが当然となっています。

そのため、「時間」「場所」を問わず買い物ができるネットショップや、通信販売業の売上が右肩上がりになっているのです。

現在、テレビや雑誌、カタログなどで通販を行っていた企業が、続々と「EC」に展開しています。

今後もインターネットや5Gなどのさらなる発展により、通信販売業界自体の伸びしろも大きくなっていくでしょう。

通販業界の特徴

「これから伸びる通販業界に転職したい!」という方のために、ここでは通販業界の特徴を3つご紹介していきますね。

業界自体が若い

まず1つ目の特徴は「業界自体が若い」ことです。

通販業界はインターネットが普及してきた、1990年代頃に生まれた比較的新しい業界です。

そのため、働いている人の年齢層が若く、企業の風習なども現代的です。

コワーキングスペースを活用していたり、リモートワークを可能にしていたりと、企業改革も進んでいます。

また、年功序列制度ではなく、成果を出した分だけ出世のスピードが早くなる傾向もあります。

年齢層の若い人たちに囲まれて仕事をこなすことで、良い刺激をもらうことができるでしょう。

成長スピードが早い

2つ目の特徴は「成長スピードが早い」ことです。

インターネットの成長に合わせて、通販業界もまさに現在成長途中で、新しいトレンドや新サービスが毎日のように生まれます。

そのため、常にアンテナを張って新しい情報をキャッチ、実践していかなければ置いていかれます。

昔ながらの日本企業では長い研修の末にやっと一人前、という風習がありましたが、通販業界では新入社員のうちから自分の考えを発信していく必要があります。

インターネットを通して様々な人と繋がれる

3つ目の特徴は「インターネットを通して様々な人と繋がれる」です。

通販業界はインターネットが繋がる場所にいる、すべての顧客にアプローチできるのが特徴です。

そのため、国内・海外問わず売りたい商品・サービスを販売することができます。

実際に、英語ができなくても、翻訳サービスなどを使って販売している企業もあります。

周りの地域だけでなく、国内外の幅広い顧客と繋がれるのは、通販業界の大きなメリットでしょう。

通販業界の職種

通販業界、EC業界と一口で言っても、その職種は多岐に渡ります。

ここでは、通販業界の職種をそれぞれご紹介していきますね。

バイヤー

まず1つ目は商品を調達する「バイヤー」という職種です。

日本では「買い付け」と呼ばれます。

最近では個人でネットショップを開業し、買い付けを行っている方も増えてきましたよね。

バイヤーは、新商品の買い付けはもちろん、在庫切れの商品の発注などの業務も行います。

マニュアルがなく、流行の情報を掴んだり、自分のセンスで商品を見極める必要があるので、ある程度の経験がないと難しい職種です。

さらに仕入れ先との値段交渉を行ったりと、営業力が求められる一面もあります。

営業職

次にご紹介するのは、おなじみの「営業職」です。

インターネット通販事業のみを行っている会社の場合、そもそも営業職がないこともあります。

しかしテレビ、ラジオ、雑誌を通した通販を行っている会社では、営業は必須の職種です。

大手企業であれば財力を活かして、自社メディアを用いたり、通販番組を放送できますが、大体の企業は、通販番組を持っているテレビ局やラジオ局などに自社商品を売り込みにいく必要があります。

「番組内で自社商品をどう効果的に紹介してもらうか」を考えるのが通販業界の営業職です。

商品企画

3つ目は、その名の通り「商品企画」という職種です。

社員同士でアイデアを出し合い、売れる商品を考えるお仕事で、一見華やかな職種に見えます。

しかし実際には、会社に求められた予算内で考える必要があり、考え抜いた商品企画でも通らずボツにされる可能性もあります。

そのため、会社に求められた予算内で企画を実現でき、「なぜその商品が売れるか」論理的に説明する力がある人に向いている職種だと言えるでしょう。

マーケティング

次にご紹介するのは、通販業界でも特に重要な「マーケティング職」です。

通販業界は、いかにリピート購入してくれる顧客を増やすかが重要です。

そのためにCRM職種や、コールセンターなどがあります。

特にCRM職種(顧客関係管理)は重要で、顧客と良好な関係を築くためには、なくてはならないマネジメント手法になります。

具体的には、顧客の購買データに基づいた分析から、顧客の嗜好にマッチした商品・サービスを考え、提供する仕事です。

そのためCRMを担当するには、コミュニケーション能力、データ分析力、地頭の良さなど、総合的な能力が必要です。

フルフィルメント

最後にご紹介するのは、あまり聴き慣れない「フルフィルメント」という職種です。

フルフィルメントは、商品の受注、梱包、発送、そして在庫管理やカスタマーサポートなど、総合的な業務を行う職種です。

商品のお問い合わせや、受注時のメール対応など、購入者と密接に関わる業務のため、穏やかな対応ができる人が向いているでしょう。

通販業界へ転職するには?

では、今後も伸びるであろう通販業界に転職するためには、何をする必要があるのでしょうか?

ここでは、通販業界への転職の際、考えるべき重要なポイントをお伝えしていきます。

通販業界で求められるスキルを知る

まず1つ目のポイントは「通販業界で求められるスキルを知る」ことです。

一般的に通販業界で求められるスキルは「マーケティング力」「クリエイティブ力」「ECに関係する知識や経験」「数字データへの強さ」の4つです。

販売戦略を考え、リピート顧客を増やすマーケティング力。

流行や傾向をキャッチし、アイデアを出し合い、売れる商品を考えるためのクリエイティブ力。

業界全体が若いEC業界で即戦力になれる、ECに関係する知識や経験。

データを分析し、顧客にマッチした商品やサービスを提供するための力。

どのスキルも通販業界では、喉から手が出るほど求められます。

自分の強みと企業のニーズをマッチさせる

2つ目のポイントは「自分の強みと企業のニーズをマッチさせる」です。

企業がどんな人材を欲しがっていて、自分はどんな価値が提供できるのかを明確にしましょう。

例えば、前述したスキルを持っているのであれば、通販業界では即戦力になれます。

また、特定のスキルがなくても、志望企業が売っている商品と同様の業界で働いたことがあれば、それは強みになりますよね。

そのため、自分の具体的な経験を活かし、企業にどう貢献できるのかを考えることが重要です。

志望理由に根拠を持たせる

3つ目のポイントは「志望理由に根拠を持たせる」ことです。

志望理由が「今伸びている業界だから」「なんとなく」では、説得力がありませんよね。

そのため「ある商品に熱意を持っていて、より多くの人に知ってもらいたい」など根拠のある志望動機が必要です。特にスキルゼロの未経験からの転職の場合は尚更です。

通販業界で転職する際に便利でおすすめのエージェント・Webサイトを比較

では、通販業界に転職する際に利用したい、おすすめのエージェント・Webサイトをご紹介します。

自分に合った転職サイトを利用しましょう!

EC通販求人転職エージェント

EC通販求人転職エージェント

EC通販求人転職エージェントは、ECと通販求人のみ扱っているエージェントです。

特徴

こちらはECと通販求人に特化しているサイトのため、求人数が豊富です。

化粧品、雑貨、食品、衣類、健康食品業界など、幅広い案件の中から最適な求人を選択できます。

また通販業界に精通した担当者がついてくれるので、徹底的なキャリアサポートを受けられます。

Webサイト

https://tsuhanjinzaiagent.jp/

通販転職

通販転職
通販転職もECと通販求人のみ扱っているエージェントです。

特徴

通販業界に特化・精通しているため、効率的な転職活動を行えます。

また扱っている職種数も多く、バイヤーからCRMまで幅広い求人があります。

新しい情報や役立つ情報をいち早くキャッチし、メルマガなどで送ってくれるサービスも提供しています。

Webサイト

https://www.tsuhantenshoku.com/

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、転職支援実績ナンバーワンを誇る企業です。

特徴

転職支援実績ナンバーワンということもあり、他社の求人サイトには載っていない優良求人なども幅広く取り扱っています。

専任のコンサルタントが、年収、エリア、条件、入社日程などの細かい条件を加味し、あなたの意向に合った条件の求人を探し出してくれます。

Webサイト

https://www.r-agent.com/

エン転職

エン転職
エン転職は、企業への直接訪問を行い、豊富な情報を提供している転職エージェントです。

特徴

エン転職は、サイトに載せる求人先の企業に社員が直接訪問し、仕事風景や社内の雰囲気などリアルな情報を提供してくれます。

実際に訪問しているため、転職相談の際にも社員自身が感じたことをコメントしてくれます。

そのため、転職したい会社が本当に自分にマッチしているのかどうかを見分けることができます。

Webサイト

https://employment.en-japan.com/

レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアは、エンジニアの転職に特化した転職エージェントです。

特徴

EC・通販業界には、ECサイトを構築・運営するシステムエンジニアが必要不可欠です。

レバテックキャリアは、エンジニア・クリエイターの求人に特化しているため、ITを通じて通販業界に携わりたい人にピッタリの転職エージェントです。

Webサイト

https://career.levtech.jp/


次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

次回試験:2020年11月15日
>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書