多くの企業で導入が進むビジネスチャットツールについて紹介!

business-chat-tool

ビジネスチャットツールとは

ビジネスチャットツールは、チャットをビジネス上のコミュニケーションの手段として利用するツールを言います。メールや電話よりも手軽に連絡をすることができ、よりスピーディーに相手とやり取りができるようになります。導入する企業も増えてきており、今では一般的なビジネスツールの1つとして考えられています。ただメッセージが送れるだけでなく、タスク管理やファイル送信等もでき、従来の連絡方法に比べると利便性が高く、周辺機能も充実していることで一連の作業効率を高めることができます。

ビジネスチャットツールの主な機能

グループチャット機能

1対1のチャットができることはもちろん、多くのビジネスチャットツールではグループチャットをする機能も搭載されています。そのためわざわざチームのメンバー1人ひとりに連絡をする必要はなく、メンバー全員が見ることのできるグループを作成し、そこでやり取りをすることで円滑なコミュニケーションが図れるのです。

ファイル管理機能

業務に関するファイルを管理する機能が備わっているものもあります。ファイルは共有することができ、その受送信も、メールで送る手間なくチャット内で行うことができます。資料を忘れる心配をすることもなくなり、いつでも手軽に資料を確認ができるようになるでしょう。

タスクを管理機能

多くのビジネスチャットツールでは、業務に関わるタスクを管理できるようになっています。いつまでにどのような仕事をしないといけないのか、チャットの履歴を遡る必要もなく、カレンダーに書き込むことも必要ありません。タスクを与える、もしくは受けた際に、そのタスクの内容と期限等を設定するだけで簡単にタスク管理ができるようになります。

キーワード検索

過去のやり取りを見返したいときもあるかと思います。そのようなときのためにキーワードを指定してチャット内を検索することも可能です。一つ一つメッセージ内容を調べる必要はなく、効率的に過去のやり取りを思い出すことができます。

ビジネスチャットツールを比較するポイント

自社に必要な機能は揃っているか

ビジネスツールの導入は、現状の課題や改善したい内容等を明確にしてから行います。そこで、ビジネスチャットツールにおいてもその導入により何を解決したいのか、どんなことがしたいのか、といったことを意識し、その目的を達成できるような製品を選ばなければなりません。製品によっては対応している機能に違いがありますので、その製品にはどのような機能が搭載されており何ができるようになるのか、比較していきましょう。

クラウド型・オンプレミス型

導入方式には大きくクラウド型とオンプレミス型があります。近年のトレンドであるクラウド型での導入では、ネットワーク機器等の設備などは自社で準備する必要がなく、導入までのハードルが比較的低いという特徴があります。インターネットを介してコミュニケーションを取ることになります。
一方オンプレミス型ではネットワークを自社内のみとするのが一般的で、オフライン環境での利用も可能となります。より自由度の高いカスタマイズも可能ですが、設備等の管理などの負担もかかってきます。
自社において、どちらの方式が合っているのか検討し、クラウド型もしくはオンプレミス型に対応した製品を選ぶといいでしょう。

コスト

クラウド型・オンプレミス型の検討とも関係が深いですが、当然、コストについても比較検討していく必要があります。初期費用や月額料金、サポートにかかる費用や、ディスカウント情報についても要チェックです。お試し期間を設けた無料プランを用意している製品もありますので、チャットツールのイメージが掴めていない場合、まずは無料プランを試してみるのもいいかもしれません。

アプリの有無

外出先でも、様々な端末からでも、チャットができるようにしたい場合には、アプリ対応をしているかどうかも確認しておくべきです。アプリ対応していると、スマホやタブレットにインストールするだけで簡単に導入できるほか、チャットの活用の幅も広げられます。

おすすめのビジネスチャットツール

Chatwork

Chatwork

特徴

「Chatwork」は国内利用者数1位のビジネスチャットツールです。非常に多くの個人や企業での導入がされており、グループチャットやタスク機能などの基本的な機能の他、ビデオ・音声通話機能も搭載されています。TwitterやGmailなど他システムとの連携もできることで業務効率をさらにアップできます。ファイルの受送信も行うためセキュリティも重要になってきますが、Chatworkでは国際的なセキュリティ規格を取得、第三者機関によるセキュリティ監査の実施なども行い安全な情報管理ができる体制が整っています。

料金

フリー:0円
パーソナル:月額400円
ビジネス:月額500円
エンタープライズ:月額800円
※それぞれ1ユーザーあたりの料金

Webサイト

https://go.chatwork.com/ja/

Talknote

Talknote

特徴

「Talknote」は、社内でのチャットのやり取りができるほか、コミュニケーションのデータ解析をし、社員間でのコミュニケーション量や仕事に対するモチベーションを可視化することもできます。こうしたデータは現場のマネジメントに活かすことができ、社員の戦力化や離職防止、効果的な昇進等の管理が可能になります。多くの導入実績も持ち、幅広い業界で利用されています。

料金

初期費用+基本プラン(月額料金)+オプション
※月額料金については要お問い合わせ

Webサイト

https://talknote.com/

WowTalk for ビジネスプラス

WowTalk for ビジネスプラス

特徴

「WowTalk for ビジネスプラス」は、チャットや掲示板機能、無料通話などがパソコン・スマホからも利用できるビジネスチャットツールです。ビジネスとプライベートを分け、快適なコミュニケーションを実現することができます。

料金

年額3,000円
※1ユーザーあたりの料金

Webサイト

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/wowtalk/

InCircle

InCircle

特徴

「InCircle」は、人と人、そして人と既存ICTシステムともシームレスかつスピーディーに繋がるビジネスチャットツールです。政府も採用する高度なセキュリティ技術を用いているため、安心して利用することができます。そのため協力会社やアルバイトスタッフが混在する環境であっても安全なコミュニケーションを実現できます。

料金

トライアル:0円
ライト:月額180円
スタンダード:月額360円
プレミアム:月額600円
オンプレミス版:要お問い合わせ
※それぞれ1ユーザーあたり

Webサイト

https://www.incircle.jp/

direct

direct

特徴

「direct」は、基本的なチャット機能に加え、ボイスメッセージや位置情報までも簡単に送れる機能が搭載されています。未読・既読が分かるようになっており、メンバーの閲覧状況が確認できます。このように、情報伝達を円滑にできるよう、多彩なチャット機能を持っています。

料金

トライアル:0円
※30日間
ベーシック:月額6,000円(10名まで)
プラス:月額12,000円(20名まで)
プレミアム:月額27,500円(50名まで)
マックス:月額50,000円(100名まで)
100名以上での利用の場合は要お問い合わせ

Webサイト

https://direct4b.com/ja/

kintone

kintone

特徴

「kintone」は、コミュニケーションツール以外にも経理処理や生産管理、発注業務、インフラの整備、勤怠管理など、非常に豊富な機能を組み合わせて幅広い機能をまとめて使用していくことができるツールです。散財していたエクセルやメール、紙の書類などの情報を一つにまとめることができます。

料金

スタンダードコース:月額1,500円
ライトコース:月額780円
※それぞれ1ユーザーあたり

Webサイト

https://kintone.cybozu.co.jp/

ChatLuck

ChatLuck

特徴

「ChatLuck」では、社内ユーザーだけでなく社外ユーザーもまとめて自社管理することができます。例えば協力会社やアルバイトが要る場合でもゲストとして招待することでダイナミックな活用も可能となります。

料金

クラウド版:月額300円
※1ユーザーあたり
パッケージ版
ユーザーライセンス:初期費用360,000~+2年目以降年間72,000円~
ルームライセンス:初期費用150,000円~+2年目以降年間30,000円~

Webサイト

https://www.chatluck.com/

Tocaro

Tocaro

特徴

「Tocaro」は、安全なファイル共有、複数拠点が接続できるビデオ会議などの機能が搭載されたビジネスチャットツールです。直感的な使用感により、誰でも快適にコミュニケーションを取ることができるようになります。

料金

トライアル:0円
Enterprise:月額800円
※1ユーザーあたり
Private Cloud:要お問い合わせ

Webサイト

https://tocaro.im/?locale=ja

ZONE

ZONE

特徴

「ZONE」は、マルチウィンドウやファイル管理などができることで、より便利かつ効率的に業務が遂行できるようになるビジネスチャットツールです。同時に複数のウィンドウを開けられることで複数のメンバーと同時に効率よく情報共有ができるようになっています。ファイル管理では、過去のトーク履歴から添付ファイルだけの一覧を表示することもでき、欲しい情報をすぐに見つけることができるような仕様となっています。

料金

ライト:月額560円
スタンダード月額890円
プレミアム:月額1,500円
※それぞれ1ユーザーあたり。年額一括払いによるディスカウントあり。

Webサイト

https://zo-ne.work/top/

SMART Message

SMART Message

特徴

「SMART Message」は、高セキュリティで社内のコミュニケーションを円滑にでき、シンプルで誰でも扱いやすいという特徴を持っています。細かなセキュリティ制限管理をすることができ、個々の社員ごとに必要なセキュリティ強度を決めることができます。企業に合わせて柔軟なカスタマイズができ、セキュリティポリシーに即した導入を実現できます。

料金

要お問い合わせ
※30日間の無料トライアルあり

Webサイト

https://lp.smartmessage.jp/

Slack

Slack

特徴

「Slack」は、普及率が非常に高いビジネスチャットツールで、世界的にも多くの利用者がいるため海外の人とやり取りを行う場合にも活躍するでしょう。Google DriveやDropboxなどのフォルダ共有サービスやカレンダーなど、1000を超える外部機能との連携ができるなど、柔軟なカスタマイズ機能があり、特にエンジニアに人気があります。チャットをするための基本的な機能も充実しており、幅広い業種で効率的なコミュニケーションが実現されるでしょう。

料金

フリー:0円
スタンダード:月額850円
プラス:月額1,600円
Enterprise Grid:要お問い合わせ
※それぞれ1ユーザーあたり

Webサイト

https://slack.com/intl/ja-jp/





次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年6月14日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書