会計の「伝票」と「帳簿」の種類を把握しよう

お金のやり取りを記録するのが「伝票」

企業で行われる日々の取引や業務で起こるお金の入出金。これらを記録するために使うのが「伝票」です。会計データが事実に基づくものであり、正しい情報を関係者に伝えるために作成します。
伝票は1件の処理ごとに1伝票登録します。
伝票
企業で使われている主な伝票の種類は以下のとおりです。

    ●主な伝票の種類

  • 売上伝票
  • 仕入伝票
  • 入金伝票
  • 出金伝票
  • 経費精算伝票
  • 振替伝票※

「伝票」を登録して「帳簿」に反映した上で「元帳」に記録する

登録した伝票は、「仕訳」のルールにのっとって会計仕訳をして、「仕訳日記帳」に記帳します。それらを簿記のルールにのっとって「総勘定元帳」に、図のような流れで記録します。
必要に応じて総勘定元帳の項目を取引の種類で詳細に分けた「補助簿」を作成することがあります。
denpyo_flow

    ●主な帳簿の種類

  • 仕訳日記帳
  • 総勘定元帳
    ●主な補助簿

  • 現預金出納帳
  • 固定資産台帳
  • 経費帳
  • 製造経費帳
  • 工事台帳

会計システムを使った帳簿作成の例

多くの企業では「会計システム」を使って会計処理をしています。より具体的な業務のイメージを持つために、「会計システム」の画面を見ながら業務の流れをご説明します。

「伝票」データを基に、各「帳簿」・「元帳」・「補助簿」などを自動作成

現在の企業では正確さと効率を高めるために、基本的に「会計システム」を使って会計処理をしています。「伝票」データを入力すると、簿記のルールに従って自動で「仕訳日記帳」「総勘定元帳」「補助簿」などに自動的に反映されます。さらに、それらを自動集計して「残高試算表」や「決算書」などの財務諸表といった帳簿も自動的に作成します。

ex) 会計システム使用例

kaikeiworks

作成される帳票の例
仕分日記帳
007shiwake_nikkicho
試算表
001getsuji_kikan
総勘定元帳
006soukanjo_motocho
決算書
001kessansho
画像協力:株式会社スマイルワークス
今回のポイント
  • 企業の取引の1件1件の情報を記録したものが「伝票」

次のレベルの試験に挑戦して
業務力をアップ!

さらに高いレベルの試験に挑戦して、業務力をパワーアップしましょう。

簿記

簿記 2級

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。

次回試験:2020年2月23日
>日商の検定サイト簿記2級

簿記 1級

公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。

>日商の検定サイト簿記1級


2016 © 業務の教科書